トップ > 動画コラム > 不動産投資で気をつけるべきポイント3選!

不動産投資で気をつけるべきポイント3選!

2021/11/14
元自衛官による自衛官のための資産形成術

不動産投資について「興味があるが、リスクが不安」と思ったことはありませんか?

不安は知識不足が原因で生まれます。不安を解消するために、初心者が不動産投資で気をつけるべきポイントを3点まとめてご紹介します。

不動産投資に興味があってまだ始められていない方や、これから不動産投資を始めようと思っている方に向けて、「初心者が不動産投資で気をつけるべきポイント」をコラム形式でまとめました。

(0:10)
1.不動産投資をする目的を設定する
初心者が不動産投資で気をつけるべきポイントは以下の3点です。

1.不動産投資の目的を決める
2.営業マンの説明を鵜呑みにしない
3.リスクを想定していない

最初にご紹介するポイントは「1.不動産投資の目的を決める」ことです。
不動産投資の主な目的には「長期保有をして家賃収入を得る」や、「物件を売却して利益を得る」などがあります。目的に応じて選ぶ物件も変わってくるため、何の目的を持って不動産投資をするか最初に決めてから取り組むことをお勧めします。

不動産投資の目的・物件の選び方についてはこちらの記事からも詳しく紹介しています。併せてご一読ください。

>『不動産投資用の物件の選び方│種類と目的別の選び方まとめ

(1:06)
2.営業マンの説明を鵜呑みにしない
ポイントの2点目は「2.営業マンの説明を鵜呑みにしない」ことです。
不動産投資営業マンの説明だけを鵜呑みにしてしまうと、上手くいかなかった場合にトラブルを招く恐れがあります。
最終的に不動産投資を行うのは自分です。ご自身でも不動産投資の情報収集と物件を選ぶ基準を持つことが重要です。

不動産投資の勉強方法については、以下の記事で前編・後編に分けてまとめています。併せてご一読ください。

>『不動産投資を始める人が必ず勉強する10の基礎知識│効率良く勉強する5つの方法とは?_前編』

>不動産投資を始める人が必ず勉強する10の基礎知識│効率良く勉強する5つの方法とは?_後編

(1:42)
3.リスクを想定していない
最後のポイントは「3.リスクを想定していない」ことです。
リスクを想定せずに不動産投資を行うことは非常に危険です。不動産投資における主なリスクとしては、以下のようなものが挙げられます。

空室リスク

入居者が退去し、部屋が空室になることで家賃収入が途絶えてしまうリスク

 

資産価値下落リスク

資産価値が経年変化や何らかの損傷によって減少するリスク

 

上記のリスクについては、営業マンに相談する、または自分で勉強するなどして、体制を整えておくことが不動産投資を展開していく上で不可欠です。リスクを理解し、対策をとることは不動産投資の成功につながるため、ぜひ取り組んでみてください。

不動産投資リスクについては以下の記事からも詳しく紹介しています。併せてご一読ください。

>『マンション投資をはじめる前に|知っておくべき7つのリスクと対策』

 

不動産投資で気をつけるべきポイントをまとめた今回のコラムはいかがでしたでしょうか?LIV PLUSでは不動産投資に関するコラムを随時アップしています。不動産投資を検討する際にご参考いただけますと幸いです。

>『LIV PLUS』で不動産投資コラムをチェックする

関連動画コラム

動画バックナンバー