トップ > 動画コラム > 【自衛隊こそ賢くお得に!】毎月の保険料にいくら払っていますか?個人年金にも生命保険にもなる投資はコレ!

【自衛隊こそ賢くお得に!】毎月の保険料にいくら払っていますか?個人年金にも生命保険にもなる投資はコレ!

2021/06/24
元自衛官による自衛官のための資産形成術

不動産投資において、1,2を争う大きなメリットは何かご存知でしょうか?

それは団体信用生命保険です。団体信用生命保険は、普段加入している生命保険の代わりにすることもできます。不動産投資に興味があってまだ始められていない方や、これから不動産投資を始めようと思っている方に向けて、「不動産投資が生命保険代わりになる理由」についてコラム形式でまとめました。

▼コーシ隊長プロフィール
出身地:神奈川県
20歳で航空自衛隊に入隊し、26歳で退官。
在籍時は消防員として勤務。
航空機救難対処や建造物火災対処、消防設備の維持補修に従事。
先祖代々ガン家系であることから、自身も20代前半から保険に興味を持ち始め、定年が早い自衛官として勤務していたことから、不動産を保険や年金代わりとなる資産として所有できる不動産投資であれば、お世話になっていた自衛官の方や、日本中のサラリーマンの方々の役に立てるのではないかと考え、現在に至る。

(0:39)
不動産投資のメリット「生命保険の代わりになる」
自衛官は、業務中もしくは災害派遣中に怪我をしたり、万が一何か起きたりした際に「家族にいくら残るのか」や、「怪我・病気の際にどのくらい保証が出るのか」について考える機会が多く、早い段階から生命保険・医療保険に加入をしている方がほとんどです。
そんな自衛官の方に、なぜ不動産投資をお勧めしたいのか。その理由は、不動産投資が生命保険代わりになるためなのです。これは自衛官だけではなく、不動産投資を検討している方にも共通してお勧めしたい理由です。
(2:03)
不動産投資ローンとセット:団体信用生命保険
不動産投資が生命保険代わりになる理由は、不動産投資ローンの融資が下りる際に団体信用生命保険に加入することができるためです。
団体信用生命保険とは、不動産投資ローンの債務者が死亡または規定の高度障害状態になった場合に、不動産投資ローンの残債を保険会社が代わりに金融機関に支払い、残された家族の家計を守る保険です。
対応範囲は死亡・三大疾病・八大疾病と範囲も広がっている保険で、不動産投資物件に付随して加入ができます。
特に自衛官は早く結婚する方も多く、通常加入している保険に加えて団体信用生命保険があることで、保障をうけながら不動産投資の利益を得られるメリットがあります。
(2:40)
生命保険だけでない個人年金としてのメリット
ところで全国の世帯平均年間保険料をご存知でしょうか。
平均して年間約38万円、月々にすると2〜3万円の保険料を支払っていると言われています。また保険には生命保険・医療保険・がん保険・年金と様々な種類があります。それを全て加入するとその分保険にかける金額は大きくなります。
団体信用生命保険は不動産投資物件1棟を持つと、1万円程度で加入することができます。現在加入している保険と併せて加入することもできますし、団体信用生命保険に絞ることで保険の支出バランスを減らすこともできます。
また不動産投資の家賃収入は、個人年金の役割も果たします。不動産投資ローン返済期間中は生命保険として、返済後は個人年金として、つまり現役で働いているときから定年後まで保証があることが不動産投資の大きなメリットです。

生命保険にも個人年金にもなる不動産投資のメリットをご理解いただけましたでしょうか?

不動産投資はリスクや不動産投資ローンの返済が心配という方も多いと思いますが、団体信用生命保険に加入することで、保証を受けながら不動産投資としての利益を得られる魅力があります。

また不動産投資に関するリスクは対策を練ることで抑えることができます。別の記事で詳しくまとめてますので併せて参考にしてみてください。

>『マンション投資をはじめる前に|知っておくべき7つのリスクと対策』

 

LIV PLUSでは不動産投資に関するコラムを随時アップしています。不動産投資を検討する際にご参考いただけますと幸いです。

>『LIV PLUS』で不動産投資コラムをチェックする

関連動画コラム

動画バックナンバー