トップ > 業界ニュース > 主要不動産会社の22年3月期決算 コロナ禍からの回復鮮明に 大手最高相次ぐ、反転増も多数

主要不動産会社の22年3月期決算 コロナ禍からの回復鮮明に 大手最高相次ぐ、反転増も多数

2022/05/27
2022/07/01

出典:主要不動産会社の22年3月期決算 コロナ禍からの回復鮮明に 大手最高相次ぐ、反転増も多数 | 住宅新報web

要点

  • 住宅・不動産業界主要企業の22年3月決算は、コロナの打撃からの回復や、大きく業績を伸ばし過去最高を更新するケースが相次ぐ
  • オフィスビルの好業績が全体を押し上げ、分譲住宅事業を主力とするディベロッパーも増収増益となった
  • 課題として、回復度合いが不透明であること、資源の価格や人件費などのコスト増大などの問題も

コメント

匿名ユーザー
住宅・不動産業界主要企業の22年3月期の発表は、どれも明るい話題ばかりでした。不動産業界にとっても大きな痛手となるかと思いきや、実際はオフィスが堅調であること、分譲マンションの売買なども業績を上げ、過去最高益を記録するなど、いかに強いのかを改めて感じる結果に。ただ、人件費などのコスト的な面も大きな課題であり、今後いかに解消していくのか、より高利益を追求するためにも、考えていく必要がありそうです。
匿名ユーザー
不動産会社のなかには、保有していた土地や建物を売却して売上として計上しているところも多いのでは?多方面で事業を行っていた会社は、不動産は利益を出していても、商業施設などで赤字を出しているなど、厳しい側面もあります。この2年ぐらいコロナの影響を強く受けていたからこそ、コロナあとにどう事業展開をしていくのか?土地の取得など大手のほうがやっぱり安泰なのかな…とも感じます。
コメントを書く
詳細はこちら

出典:主要不動産会社の22年3月期決算 コロナ禍からの回復鮮明に 大手最高相次ぐ、反転増も多数 | 住宅新報web

あなたにオススメの記事