トップ > コラム > 大注目エリア「浦和」の不動産投資状況まとめ│どんな街?おすすめ物件は?

大注目エリア「浦和」の不動産投資状況まとめ│どんな街?おすすめ物件は?

2022/07/15
2022/11/22
不動産投資コラム

不動産投資において、物件のエリア選びは成否を分けるカギとなります。東京都内は高需要エリアとしては鉄板の知名度がありますが、同じく物件の価格も高くなる傾向があります。

そこで最近特に注目を集めているのが、埼玉県の浦和エリアです。東京都内のターミナル駅まで20分程度というアクセスの良さを誇りながら、都内よりもリーズナブルに物件を取得できます。

そんな浦和エリアにおける不動産投資の状況と、おすすめの物件を紹介します。

「ちょうど物件を選んでいるところだったんだよね」という方はぜひご覧ください。

 

なぜ浦和?不動産投資における物件の選び方と探し方

不動産投資の成功は物件選びで決まるといわれています。つまり物件の正しい選び方と探し方は、優先的に学ぶべき項目ということになります。

それぞれの概要と、詳しく解説した記事を併せて紹介いたしますので、まずはこちらをお読みください。

この点が理解できると、なぜ浦和エリアが注目を集めているのかがわかるようになります。

 

不動産投資用物件の選び方

どのような要素に注目して不動産投資物件を選べば良いのかは、不動産投資の目的によって異なります。主な目的は3つに分類できるため、3つそれぞれにおける選び方を簡潔に整理します。

 

不動産投資の目的が「副収入」の場合

  • 利回り
  • 空室率(入居率)
  • 築年数
  • 賃貸需要

 

不動産投資の目的が「節税」の場合

  • 物件の構造が木造
  • 木造の築年数が古い
  • 物件価格のうち建物が占める割合が高い

 

不動産投資の目的が「相続税対策」の場合

  • 都心エリアにある
  • 入居率が高い
  • 売却しやすい
  • 取得から約4年間の利回りが高い

特に副収入や相続税対策が目的のケースにおいては、物件の利回りや賃貸需要が重要であることがわかるかと思います。そしてこれらの要素が物件の「エリア」によって大きな影響を受けることは明らかでしょう。

このまま読み進めていただければ、浦和エリアが上記の要素において有利な状況にあることがおわかりいただけます。

なお物件の選び方についてもっと詳しく学びたい方は、以下の記事をご覧ください。

>『不動産投資用の物件の選び方│種類と目的別の選び方まとめ』

 

不動産投資用物件の探し方

選定ポイントが理解できても、物件を見つけられなければ仕方ありません。

不動産投資用物件の探し方は「鉄板」といわれる5つの方法がありますので、まずはこれを押さえましょう。それぞれの探し方において、条件を浦和エリアに絞って検索すれば、求める物件を探せるようになるでしょう。

 

不動産投資用物件「鉄板」の5つの探し方

  • 不動産情報ポータルサイトを見る
  • 不動産”投資”会社に問い合わせる
  • 不動産”仲介”会社に問い合わせる
  • 不動産競売物件情報サイト「BIT」を見る
  • 新聞広告や地域のタウン誌を見る

 

まずは「ポータルサイト」と呼ばれる情報集約サイトをインターネット上で閲覧するのがおすすめです。

どんなサイトがあって、どこが信頼性が高いのか。そんな詳細が気になる方は、不動産投資用物件の探し方を解説した以下の記事をご覧ください。

>『【不動産投資】物件の探し方「鉄板」5選』

 

不動産投資におけるエリアの状況はどうやって判断する?

冒頭から浦和エリアが人気であると伝えていますが、この背景を理解するためには、エリアの状況は何をもって判断すれば良いのかを先に知っておく必要があります。

基本的には上述の「選び方」に則って考えます。つまり需要が安定して高く、充分な入居率や利回りを確保できるかどうかを判断するのです。

判断のポイントは、主に以下の4点に集約できます。

  • 人口が集中している
  • 単身者の賃貸ニーズが高い
  • 「住みたい街ランキング」の上位に入る
  • 都心へのアクセスが良い

 

人口が集中している

人がいなければ賃貸需要は生まれません。まずは充分な人口があるエリアかどうかを最初の判断軸に置くと良いでしょう。

エリアの人口は変動的ですから、人口統計などの公式データを参照することで推移を確認することをお勧めします。

 

単身者の賃貸ニーズが高い

賃貸用物件のニーズは単身者を中心に構成されています。単身者の賃貸需要があるエリアは需要が安定しやすいと考えて良いでしょう。

 

「住みたい街ランキング」の上位にランクインしている

住宅情報サイト「SUUMO(スーモ)」を運営するリクルートが、毎年ランキングを作成しています。これにはユーザーの声が反映されているため、賃貸需要を測る参考になります。

 

都心へのアクセスが良い

都心にある、もしくは都心へのアクセスが優れていることが、安定した賃貸需要を確保するための重要な要素です。

 

浦和エリアの不動産投資の状況

さていよいよ本題です。

ここまで学んだ前提を踏まえて、不動産投資の観点から浦和エリアの状況がどのようになっているのかを見ていきましょう。

なぜ浦和が人気なのか、これでハッキリします。

 

浦和には人口が集中している

令和2年国勢調査人口等基本集計」を見ると、浦和区の属するさいたま市の人口は、令和2年においては増加率4.8%と、この人口減少の日本において増加傾向にあることがわかります。

さいたま市の人口及び人口増減率の推移グラフ

 

浦和は単身者の賃貸ニーズが高い

駅前には大型商業施設が並び、再開発も決まっていることから賃貸ニーズは高まる傾向があります。また後述する都心へのアクセスの良さからも、単身者による需要が高いと考えられます。

 

浦和は「住みたい街ランキング」の上位にランクインしている

関東 住みたい街ランキング2022」によると、浦和はなんと第5位。きわめて人気が高いことがわかります。

 

浦和は都心へのアクセスが良い

浦和駅には、湘南新宿ラインや上野東京ラインが通っています。東京都内の主要な駅に20~30分程度でアクセスでき、大変に利便性の高いエリアです。

 

まとめ:浦和エリアでおすすめの不動産投資物件

浦和エリアでおすすめの不動産投資物件まとめ

不動産投資において浦和が有利な状況にあることがわかりましたので、この記事のまとめとして、最後に実際の物件をチェックしてみましょう。

Liv Plusが現在お勧めしたいのが、「リヴシティ浦和常盤弐番館」です。

>「リヴシティ浦和常盤弐番館」について詳しく見る

 

さいたま市浦和区常盤に位置し、JR京浜東北線「北浦和」駅から徒歩わずか11分の好立地。同駅からは都心へ直通線があり、上野駅までは約30分、赤羽駅まではたった18分でアクセスできます。

立地だけでなく、デザインや構造、設備にももちろんこだわって造られています

ここまでの記事の内容を踏まえると、不動産投資用物件としてきわめて優れた要素を持つことがおわかりいただけるかと思います。

「リヴシティ浦和常盤弐番館」について詳しく知りたい方は、以下のページから詳細情報や動画をチェックできます。

ぜひご覧ください。

>「リヴシティ浦和常盤弐番館」について詳しく見る

あなたにオススメの記事