トップ > 動画コラム > 【物件選びで重要】木造とRC造、どっちがお好みですか?

【物件選びで重要】木造とRC造、どっちがお好みですか?

2020/09/17
【不動産の基本講座】教えて!中山ティーチャー

不動産投資の物件選びをする際に、重要な要素のひとつになるのがその「構造」。木造・鉄筋コンクリート造などの表記を目にしたことのある方は多いと思います。

今回このテーマについて、元教師である中山ティーチャーが徹底解説する動画の内容を、コラム形式で分かりやすくまとめました。このコラムを読むと鉄筋コンクリート造(以下:RC構造)についての理解をより深めることができます。物件選びをする際にぜひ参考にしてみてください。

(0:06)
RC=鉄筋コンクリートの秘密とは?
RC構造とは建物構造の種類のひとつで、鉄筋コンクリートで造られた住宅構造を指します。RC構造をより詳しく理解するためにはW造(木造)との違いを知ることが近道です。木造とRC造の大きな違いは2点あります。ひとつは「耐火性」です。木造は燃えてしまうと全焼の可能性がありますが、RC造は火事で住居が燃えた場合、骨組みが残るためリフォームのみで対応することができます。
もうひとつの大きな違いは「遮音性」です。W造は空気の通りがいいため、隣の部屋の音が聞こえやすいとも言えます。一方でRC造は遮音性が高く、音が気になりにくい特徴があります。
(3:11)
S造とRC造比較による家の安全性
家は人が住むため安全性も重要視されます。では特に家が頑丈でなければならない場面は何でしょうか?それは「地震」です。この点に関してはS造(鉄骨造)とRC造(鉄筋造)の違いを理解することでより理解を深めることができます。
S造は柱や梁など骨組みに鉄骨を使用した構造です。鋼材の厚みによって「重量」と「軽量
」に、さらに分かれます。
RC造は鉄筋を組んだ型枠にコンクリートを流し込んで固めたものです。RC造は鉄筋とコンクリートの両方のメリットが活かされているため地震に強いと言われています。それぞれのメリットは以下のとおりです。

コンクリート:圧縮される力に強い
鉄骨:引っ張られる力に強い

地震は縦揺れ・横揺れのどちらもあります。コンクリートと鉄骨の併用により、どちらの揺れにも対応できることから、RC造は地震に強いと言えるのです。
(4:44)
構造自体が強いからこそ生まれるメリット
木造や古い建物は、家の中に柱があるイメージが強いのではないでしょうか?木造は衝撃に備えるために中間に柱を設ける必要があります。しかし、RC造であれば構造そのものが頑丈なため自由度の高い構造建築が可能です。

この動画を通じてRC造には「遮音性」「耐震性」「耐火性」「デザイン性」の4つの優れたメリットがあることを知っていただけたかと思います。

今回のような知識を新たに得ることで、家を建てる時や不動産投資の物件選びの選択肢の幅が広がります。不動産投資についてより詳しく知りたい方は、セミナーにて聞くこともできます。気になる方はぜひ参加してみてください。

>セミナー一覧をみる

関連動画コラム

動画バックナンバー