トップ > 動画コラム > 【押上・向島エリア】投資家たちが注目する理由は〇〇に人気だから!?

【押上・向島エリア】投資家たちが注目する理由は〇〇に人気だから!?

2020/12/17
街と物件の魅力をお届け。ぶらぶらティーチャーズ!

リヴトラストでは、首都圏を中心に不動産投資用の物件を紹介しています。弊社社員が散策しながらお届けする動画「ぶらぶらティーチャーズ」の内容を、コラム形式で分かりやすくまとめました。

本記事で紹介する物件は、不動産投資家からも注目されている曳舟・押上エリアにある「リヴシティ東向島です。別の動画でも紹介をしていますので併せてご覧ください。

>『リヴシティ東向島参番館|ぶらぶらティーチャーズ』物件紹介動画』

この動画では物件パンフレットやインターネットに載っていない情報をお届けします。不動産投資物件を検討したい、弊社の物件をまずは動画で見てみたいという方はぜひご覧ください。

(1:26)
単身者のニーズが高い曳舟・押上エリア
「リヴシティ東向島参番館」のある曳舟・押上エリアは、近年「スカイツリー」のイメージがある方も多いのではないでしょうか?このエリアは、スカイツリーの完成に合わせて開発が進んでいるエリアです。一方で、商店街など昔ながらの下町を感じることもでき、どちらの良さも楽しめるエリアであるとぶらぶらティーチャーズのメンバーは言います。
また、このエリアは近年単身者のニーズが増えています。そんな同エリアの特徴として以下の2点が挙げられます。

安定した人口増加

墨田区の人口は2020年12月時点で25万人強と言われており、安定して人口が増えているエリアです。また付近の足立区も同様に人口が増えています。

アクセスの良さ

都内へのアクセス(*)はもちろん千葉県や埼玉県へのアクセスも良い点が特徴です。


「品川駅」:37分、「上野駅」:22分、「池袋」:37分、「大手町駅」:23分、「日本橋駅」:22分、「船橋駅」:36分、「大宮駅」:63分

(2:39)
不動産投資家に注目されている!?
このエリアは単身者のニーズが増えており、開発も進んでいることから不動産投資家からも注目をされているエリアです。「リヴシティ東向島参番館」までの道のりも新しいマンションの建設が進んでおり、開発エリアに対する入居者のニーズはより高いことが伺えます。不動産投資の物件選びにおいて、大切な観点は「駅前がしっかりと発展して需要があるのか」「将来的にも安定して住み続ける需要があるか、街が発展しそうか」であるとぶらぶらティーチャーズのメンバーは言います。
(6:39)
駅までのアクセス良し・防犯も安心
「リヴシティ東向島参番館」は2020年8月に完成した地上12階建の物件です。東武伊勢崎線「東向島駅」徒歩7分、京成押上線「八広駅」徒歩8分・「京成曳舟駅」徒歩15分と徒歩圏内の最寄駅が3駅あることが特徴です。特に今回歩いた東向島駅から当物件までの道のりは大きい道路を通るため、夜道も安心して帰ることができる点もメリットです。

気になる「リヴシティ東向島参番館」のお部屋は、別の動画で詳しく紹介しています。併せて参考にしてみてください。

>『リヴシティ東向島|ぶらぶらティーチャーズ』物件紹介動画』

 

▼弊社が運営している不動産コミュニティサイト「LIV PLUS」では、定期的に無料セミナーを開催しています。ぜひ参加してみてください。

>『LIV PLUS』の無料セミナーに参加する

 

▼LIV PLUSでは不動産投資に関するコラムを随時アップしています。不動産投資を検討する際にご参考いただけますと幸いです。

>『LIV PLUS』で不動産投資コラムをチェックする

関連動画コラム

動画バックナンバー