トップ > 動画コラム > 【注意】ペットを飼う前に見てください

【注意】ペットを飼う前に見てください

2020/12/15
【不動産の基本講座】教えて!中山ティーチャー

ペットを飼っている方は、賃貸住居を検討する際に「ペット可」の物件を選ぶ必要があります。この「ペット可物件」、実はいくつか種類があることをご存じでしょうか?

今回このテーマについて、元教師である中山ティーチャーが徹底解説する動画の内容を、コラム形式で分かりやすくまとめました。
ペットとの入居についてオーナー目線・入居者目線両方を知ることができます。検討する際に参考にしてみてください。

(1:45)
ペットの種類・棟数が事前に決まっている:「ペット可物件」
ペット可物件とは、ペットの種類や制限頭数が決まっている物件を指します。例えば「犬はOKだけれども猫はNG」、「大型犬はNG」、「犬猫どちらか1匹までならOK」など、ペット可であっても、物件によってその許容範囲は異なります。その他にも「小さく凶暴性のないペット」等も可能なケースもあります。
オーナーさん目線でいうと、ペットが入居することで騒音・異臭等で他の入居者からのクレームのリスクがあったり、部屋の修繕費がかかったりするなどのリスクもあり、制限している背景があります。そのため、ペット可物件であっても必ずその物件のオーナーさんまたは大家さんや管理会社に、飼育可能なペットの種類や制限頭数などをよく確認しましょう。
(5:08)
相談の上入居許可が下りる:「ペット入居可物件」
ペットが住むことができる物件には「ペット可物件」だけではなく、「ペット相談可物件」もあります。「ペット相談可物件」は、オーナーさんや管理会社へ相談し、総合的に判断・許可される物件です。
相談する際は、うちのペットはしっかり手に負えるペットであることをアピールする必要があります。周りに危害を与える存在ではないことや、しつけがきちんとできていること等、ペットの飼育環境やペットの性格などをしっかり伝えるようにしましょう。併せて日頃からしつけなどをしっかり行うことが大切です。
ペットと住みたい場合は必ず「ペット可物件」・「ペット相談可物件」でオーナーさん又は管理会社に相談しましょう。
(5:52)
第3の選択肢:「ペット共存型賃貸物件」
ペットと暮らすことが可能な物件には、上述の「ペット可物件」と「ペット相談可物件」の他に、第三の選択肢として「ペット共存型物件」というものがあります。
「ペット共存型物件」とはその名のとおり「ペットと人間が一緒に住む」目的で建てられた物件です。ペットと暮らす人に便利な設備が整っていることが特徴で、他の物件と比べて家賃が高い傾向にあります。
例えば足を洗うスペースや、屋上にドッグランの設置、ペットサロンや自分でペットをシャンプーできる箇所がある点が挙げられます。また住んでいる方全員がペットがいるためトラブルも他の物件より少なく、気持ち的にもリラックスして住めるため、ペットと一緒に暮らしたい場合は「ペット共存型物件」も選択肢の1つとして入れていいでしょう。

ペットと暮らしたい方にとって「ペット可物件」、「ペット相談可物件」は非常に大切な条件です。今回は不動産投資物件のオーナー目線と入居者目線の両方で知っていただくことができたのではないでしょうか?

不動産投資についてより詳しく知りたい方は、セミナーにて聞くこともできます。
気になる方はぜひ参加してみてください。

>セミナー一覧をみる

関連動画コラム

動画バックナンバー