トップ > 業界ニュース > 「事故物件」病死は告知不要 国、不動産契約で初指針案

「事故物件」病死は告知不要 国、不動産契約で初指針案

2021/05/31

「事故物件」病死は告知不要 国、不動産契約で初指針案

国土交通省は30日までに、入居者らが死亡した「事故物件」について、不動産業者が売買、賃貸の契約者に告知すべき対象をまとめた初めての指針案を公表した。病気や老衰、転倒事故による死亡は告知の対象外と明記。殺人や自殺、火災による死亡は告知すべきだとしたが、賃貸は発生から3年経過すれば不要とした。6月18日まで一般から意見を募った上で決定する。事故物件は宅地建物取引業法で告知の必要があるが、明確なル

出典:「事故物件」病死は告知不要 国、不動産契約で初指針案 | 日本経済新聞

詳細はこちら

記事の要点

  • 国土交通省は事故物件について、不動産業者が売買、賃貸の契約時に告知するべき指針案を公表
  • 指針に強力性はないものの、周知を促し未然にトラブルを防ぐ目的
  • 病気や老衰、誤嚥などの事故死は原則告げる必要なし。長時間発見されずに特殊清掃が行われたときは対象

インターネットユーザーの声

「病気や老衰、転倒事故による死亡は告知の対象外と明記。 殺人や自殺、火災による死亡は告知すべきだとしたが、賃貸は発生から3年経過すれば不要」、「今まで、病死や孤独死のあった物件も必ず告知していた。 しかも入居者の入替が2回転3回転しても必ず。 だから「前前前前々入居者が、室内で亡くなってて〜」みたいな感じに告知。 いつ死んだのって感じ。」、「特殊清掃により衛生上の問題をクリアすれば気にすることは無い。 霊や呪いを恐れる迷信的発想である。 しかし、陰惨な猟奇殺人のあった所じゃ、暮らしたくないよな。」、「お祓いお浄め済。 霊能者木村藤子さんによる安心認定とかあれば人気物件になる。 」、「私も以前、事故物件(浴槽で自然死)購入したことあるけど、全く問題ないのに安く買えるんだよね。 こういうお得物件がなくなるけど、売る側からすれば至極当然な話やね。」といった反応、感想が上がっている。

記事へのコメント

匿名ユーザー
事故物件について、あくまでも指針であればわざわざ法律で決めた意味はないのでは?告知についても、聞かれたときは答えるけど、聞かれないときはそのまま貸すなんて不動産業者も多いはずです。まあ、自分が借りる側になったときに、ここで人が亡くなっていますと言われて良い気はしないかな。
匿名ユーザー
特殊清掃が必要なケースは本当さまざま。夏に亡くなってもクーラーがきいていて腐敗しなかったケースもあります。遠方に住んでいて一人暮らしをしている両親がいるなら、事故物件になる可能性だって十分に考えられる。いくら指針があったとしても、不動産業者にとってはあえて伝えたいとは思わないはずですよね。私は事故物件が嫌なので、新築で賃貸を借りるようにしています。後からわかって引越しするのも大変。
あなたにオススメの記事
物件一覧セミナーメルマガ登録