トップ > コラム > 大規模開発が進む「渋谷区」|不動産投資の将来性

大規模開発が進む「渋谷区」|不動産投資の将来性

2022/09/29
物件・エリア紹介

物件の立地が不動産投資の成功を左右すると言っても過言ではありません。本記事では特に再開発が盛んに行われている渋谷区に特化して解説します。

「東京都内で不動産投資をしてみたい」
「渋谷区について詳しく知りたい」

そんな方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

 

渋谷区の概要

スクランブル交差点やハチ公といった有名スポットがある渋谷エリア、サブカルチャーの聖地である原宿エリア、おしゃれなセレクトショップが点在する代官山や恵比寿エリアなど、個性的な特色を持つ街が複数あるのが渋谷区です。

東京都の中では副都心エリアに位置しています。

都内屈指の繁華街のイメージが強い一方、実は緑被率が21.3%と、23区のなかでも緑の多いエリアです。

 

渋谷区の人口

渋谷区の人口は令和4年度9月1日の時点で229,553人です。ここ数年増加傾向にあり、渋谷区の人口推計では今後も人口が増加すると予測されています。

(参考)渋谷区人口ビジョン・渋谷区

 

渋谷区の交通網

渋谷区はJR山手線、総武線、埼京線、湘南新宿ライン、京王線、京王井の頭線、京王新線

東急東横線、田園都市線、東京メトロ銀座線、半蔵門線、副都心線、など東京都心から近隣県へのアクセスがしやすい路線が通っています。また路線バスの運行数は都内で1番多く、都内有数のバスターミナル駅です。

 

渋谷区の家賃相場

LIFILLHOME’Sの東京23区内の相場表によると、渋谷区のワンルーム・1K・1DKの家賃相場は11.15万円と東京の中で2番目に高いエリアです。

 

渋谷区各エリアの特徴

渋谷区と聞いて渋谷駅近辺を思い浮かべる方は多いでしょう。

しかし渋谷区は、北は西新宿5丁目近辺、南は恵比寿、広尾と南北に長い形をしていて、豊かな多様性を持つことが特徴のひとつです。ここではそれぞれのエリアの特徴を紹介します。

  • 渋谷
  • 原宿、神宮前、表参道
  • 代々木上原、代々木公園
  • 初台、幡ヶ谷、笹塚
  • 代官山
  • 恵比寿、広尾

 

渋谷

渋谷区の中心地「渋谷」は、常に先端のファッションやカルチャーを牽引するスポットです。若者ファッションの聖地として知られる渋谷109や渋谷の代名詞とも言えるセンター街、老舗の総合雑貨店東急ハンズやビッグカメラといった大型店が建ち並びます。

また近年渋谷駅周辺の大規模開発があり、駅周辺には洗練された大人のファッションや、よりすぐりのグルメも楽しめるビルが増えています。

 

原宿、神宮前、表参道

原宿にはサブカルチャー発信の地である竹下通り、表参道ブランドショップやヴィンテージショップが並ぶキャットストリート、表参道ヒルズなど、多くの人々がその名を知るショッピングスポットが集結するエリアです。

 

代々木上原、代々木公園

代々木上原といえば閑静な住宅街というイメージですが、近年では代々木上原から代々木公園にかけておしゃれでユニークなショップが多いことでも注目を集めています。都心からのアクセスも便利で、女性やファミリーからも人気のエリアです。

 

初台、幡ヶ谷、笹塚

初台にはオペラシティもあり、ビジネス街と幡ヶ谷付近の下町情緒の混在したエリアです。渋谷区の中では比較的物件価格が安く、1人暮らしの多いエリアでもあります。新宿までのアクセスがしやすい点が特徴です。

 

代官山

代官山は渋谷区内でも屈指の人気エリアです。代官山は渋谷まで1駅、恵比寿までは徒歩圏内と隣接しており、代官山ヒルサイドテラスを筆頭に高級ブティック、レストラン、カフェが点在するエリアで、抜群の生活利便性と交通アクセスの良さと住みやすさが人気です。

 

恵比寿・広尾

恵比寿エリアは山手線、日比谷線が交差するアクセスが便利な立地です。1994年開業の恵比寿ガーデンプレイスは2022年11月8日にリニューアルオープンも控えています。(2022年9月26日時点)

広尾エリアは恵比寿、港区南麻布、西麻布、南青山に位置するエリアです。バスの路線も多いため、東京の主要エリアはどこでも行きやすいことからアクセスも抜群です。

 

渋谷区の特徴

渋谷区の特徴を整理すると、以下のとおりです。

  • 利便性が抜群
  • 大規模な再開発が進む街

 

交通の利便性が抜群

前述した通り渋谷区は様々な路線が走り、交通の利便性が抜群です。渋谷区の主要駅である渋谷駅だけではなく、区内のエリアのほとんどの駅が利便性に優れています。更に地方への出張に便利な東海道新幹線と羽田空港へアクセスしやすい品川駅までは、約15分の距離にあります。そのためビジネスマンにとっても需要の高いエリアです。

 

大規模な再開発が進む街

ご存知の通り今、渋谷では大規模な渋谷駅周辺開発プロジェクトが進行しています(2022年9月26日時点)。高さ約180メートルの大規模複合施設「渋谷ストリーム」や渋谷エリアで1番高い「渋谷スクランブルスクエア第I期(東棟)」が開業しましたが、その後も2027年度まで再開発プロジェクトが目白押しです。

(参考)東急グループの街づくり戦略・東急不動産

 

渋谷区で不動産投資を検討するなら

今回のコラムでは、不動産投資物件の検討先として渋谷区に特化してご紹介しました。渋谷区は人口増加が見込まれている地域であり、利便性の高さや大規模再開発により今後も需要が高いことが予想されます。一方で物件購入価格が高いというハードルの高さは無視できません。 そのため、他の区の情報も集めた上で検討することをオススメします。

渋谷区を含めた東京都内の不動産投資需要が高い理由について以下の記事にて詳しくまとめています。併せてご一読ください。

>『これから不動産投資をするなら東京都内に注目せよ』

 

また、物件探しのコツについてまとめた記事を以下の記事で紹介しています。今回取り上げた渋谷区と併せて参考にしてみてください。

>『不動産投資成功の鍵は物件探し!コツと注意事項を伝授

あなたにオススメの記事