トップ > コラム > 「不動産投資はやめとけ!」って本当?不向きな人と成功するためのポイントを解説!

「不動産投資はやめとけ!」って本当?不向きな人と成功するためのポイントを解説!

2023/05/15
2024/07/10
不動産投資コラム

index

  • なぜ「不動産投資はやめとけ!」と言われるのか?
  • 不動産投資に向いていない人“4例”
  • 不動産投資を成功させるためのポイント6つ
  • 不動産投資の成功事例3つ
  • 不動産投資の失敗事例
  • 月々1万円でローリスク&ロングリターンな資産運用
  • まとめ

ネットやSNSでよく見る「不動産投資はやめとけ!」というフレーズ。

理由の一つにリスクが存在することが挙げられます。
特に、向いていない人は資金管理能力や市場の知識が不足している場合が多く、結果として失敗するリスクが高まります。

例えば、物件の値下がりや空室問題が発生すると大きな損失を被ることがあるため、慎重な判断が求められるのです。
しかし、成功のためのポイントを押さえれば、不動産投資は強力な資産形成の手段となります。

まず、市場の動向をよく研究し、自分がどのエリアの物件に投資するかを決定することが重要です。次に、信頼できる専門家の助言を受けることでリスクを分散させることが可能です。

実際の成功事例では、立地の良い物件を適切に選んだ不動産投資家が高い利回りを実現しています。一方、失敗事例としては、経済状況の変動を予測できず、資金繰りが困難になったケースが挙げられます。

不動産投資はリスクとリターンのバランスを見極めながら行うことが成功への鍵です。
この記事では、不動産投資に不向きな人、成功するためのポイントについて解説していきます。

なぜ「不動産投資はやめとけ!」と言われるのか?

医師の働き方改革をわかりやすく解説

不動産投資に興味を持っていても、リスクや成功の難しさに不安を感じる人も多いでしょう。

確かに、不動産投資で成功するにはしっかりとした知識と計画が求められます。

リスクとしては、家賃の下落空室リスク修繕費用の急増などが挙げられます。また、向いていない人は、リスク管理が苦手だったり、不動産投資を始める上で高額な資金を投入することに抵抗がある場合が多いです。

成功のためには、市場調査の徹底、優良物件の見極め、リスク分散が重要です。
成功事例として、適切な物件選びと戦略的な運用により安定した収益を上げている人もいますが、失敗事例では無計画な投資や市場予測の誤りが原因で大きな損失を被っているケースも珍しくありません

理由1.リスクが多い

不動産投資はリスクが多い投資であり、そのリスクを理解し適切に対応することが成功の鍵となります。

まず、不動産市場は経済状況、地域の発展、不動産政策などの影響を受けやすいため、物件の価格変動があります。
特に、物件価値が予想外に下がることも珍しくなく、このリスクに備えることが重要です。

また、空室リスクや修繕費用といった運用時のリスクも考慮する必要があります。不動産投資において重要なのは、リスクを予測し適切な対策を講じる能力です。

これは成功のためのポイントでもあり、これを知らずに投資を行うと失敗する可能性が高まります。

理由2.経年劣化などによる大規模修繕がある

不動産は経年劣化による価値の減少が避けられません。

特に建物の大規模修繕やリノベーションには多額の費用が発生することが一般的で、これを予見して資金計画をしっかり立てることが重要です。修繕費用を予測しておくことで急な出費にも対応でき、投資の成功率を高めることができます。

資金計画が不足すると投資が失敗するリスクが増すため、計画的な対応が求められます。

理由3.ローンの返済を確実に行える保証がない

不動産投資を行う場合、多くの人が不動産投資ローンを組んで不動産を購入しますが、返済を確実に行える保証はありません

賃借人が突然退去する状況や家賃の支払いが滞るリスクは常に存在します。これらの不測の事態が起きると、返済計画が崩れ、最悪の場合は購入した不動産を手放さざるを得ない状況になることも…

不動産投資においては、こうしたリスクをしっかりと理解し事前に対策を講じることが重要です。
保険の活用や資金の適切な管理によって、リスクを最小限に抑えることが成功の鍵となるでしょう。

理由4.失敗した際に責任を負いたくない

不動産投資に興味を持つ多くの人が、リスクを恐れ成功に確信を持てず不安を感じています。

特に、失敗した際に自身の資産だけでなく家族にも迷惑がかかる可能性を懸念する人は少なくありません。このため、リスクを回避するための安心な方法や対策が求められています。

成功するためには、事前にしっかりと情報を収集し、リスクを分散する戦略を立てることが重要です。これによって、投資の失敗リスクを最小限に抑え、安心して不動産投資に取り組むことがでセミようになります。

▼これから不動産投資を始める方にピッタリなセミナー開催中!セミナーバナー(SP版)

不動産投資に向いていない人“4例”

不動産投資は大きなリターンを得る可能性がありますが、成功するためには特定の特性が求められます。

まず、長期的な視点を持てない人は適していません。不動産投資は短期間だけで大きな利益を確実に得るのは難しく、持続的な管理と戦略が必要です。

また、財務状況が安定していない人は避けるべきです。初期投資やローンの返済が困難であれば、リスクが増大します。

これらの特徴に当てはまる人は、リスクを最小限に抑えるための他の投資手法を検討することをおすすめします。

例1.最低限の知識を得るための勉強時間がない人

不動産投資は、物件の選び方、法律、税金、マーケットのトレンドなど、多岐にわたる知識を要します。
最低限の知識がなければ、適切な物件を見極めることもできず、リスク管理が疎かになるでしょう。

例えば、地方の不動産市場と都心の不動産市場では動向が異なります。
これらを理解せずに適当に物件を購入すると、大きな損失を被る可能性があります。

不動産投資で成功するためには、事前に時間をかけてしっかりと勉強し、リスクを最低限に抑えることが不可欠です。マーケットの分析や知識などを深めることで、より賢明な投資判断が下せるようになるでしょう。

成功事例を研究し、失敗事例から学ぶことで、効果的な戦略を立てることも重要です。不動産投資には事前の準備と綿密な計画が必須ですので、十分な勉強時間を確保しましょう。

例2.ローンを組むための資産や属性がない人

不動産投資において、不動産投資ローンを組むためにはある程度の資金と信用力が必要です。

金融機関はローンを組む人の信頼性を審査しますが、十分な資産や安定した収入がない人はローン審査に通りにくいため、不動産投資を取り組むのが難しくなります。

さらに、ローンを組んでも返済が滞った場合、資産を失うリスクが発生します。不動産投資を成功させるためには、まず経済的な基盤を整えることが重要です。

しっかりとした資産管理や収入の安定性を確保し、リスクを最小限に抑えることが成功への第一歩となります。

例3.売却益で稼ごうとしている人

不動産投資には、キャッシュフロー投資とキャピタルゲイン投資の2つの基本戦略があります。

安定した収益を目指すためには、特に初心者はキャッシュフロー投資を重視すべきです。
売却益を狙うキャピタルゲイン投資は立地条件によってはハイリスク・ハイリターンであり、市場の変動に影響されやすく、タイミングを誤ると大きな損失を招くリスクがあります。

安定した毎月の収益を見込めるキャッシュフロー投資に注力し、リスク分散を図ることで、安心して不動産投資に取り組むことができます。不動産投資に成功するためには、こうしたリスク管理と戦略選択が重要です。

例4.目先の情報をすぐに信じてしまう人

不動産投資の世界ではさまざまな情報が飛び交います。

しかし、全ての情報が正確で信頼できるわけではなく、特にネット上やSNSには誤った情報や誇張された書き込みが多く見受けられます。こうした情報を鵜呑みにすると、誤った投資判断を下すリスクが高まります。

不動産投資に関しては、信頼できる情報源からの情報を基に慎重に判断することが重要です。
また、感情に流されず冷静に分析することも不可欠です。成功を目指すためには自分の情報収集能力を常に磨き、信頼性の高いデータに基づいた投資を心がけましょう。

これにより、不動産投資のリスクを最小限に抑え、より成功に近づくことが可能となります。

不動産投資を成功させるためのポイント6つ

医師の働き方改革をわかりやすく解説

不動産投資に興味を持つ人たちが不安を抱えるリスクや成功方法について、具体的に解説します。

まず、不動産投資に向いていない人の特徴を認識し、自分が当てはまるかどうかをチェックすることが重要です。次に、リスク管理を徹底し、具体的な対策を講じることで、安心して不動産投資に取り組めます。

成功のためのポイントとして、市場調査を行い、信頼できるパートナーを見つけることが挙げられます。成功・失敗事例を参考にしながら、自分なりの戦略を練り上げることで、不動産投資の成功に繋がるでしょう。

成功させるためのポイントは以下の6つです。

1.不動産投資の目的を決める
2.周辺相場や物件価値を念入りに調査してから購入する
3.失敗事例などから不動産投資に関する情報を念入りに収集する
4.さまざまなリスクが発生しやすいことを念頭に置く
5.投資物件選びは慎重に行う
6.資産管理は税金や管理費など細かく把握した上で定期的に計算する

ポイント1.不動産投資の目的を決める

不動産投資を始める際は、目的を明確にすることが鍵です。

中長期的なキャピタルゲインを目指して資産価値の上昇を狙うのか、安定した収入を得るためにインカムゲインを重視するのかによって、選ぶべき物件や投資戦略が変わるからです。

不動産投資に興味を持ちながらもリスクや成功方法に不安を感じている人にとって、目指すべきゴールを設定することで、リスクを軽減し成功への道筋が見えやすくなるでしょう。

具体的な目標を立てることで、適切な物件選びや資産運用プランが立てやすくなります。

ポイント2.周辺相場や物件価値を念入りに調査してから購入する

不動産投資においてリスクを最小限に抑え、成功するためには、物件購入前の徹底的なリサーチが不可欠です。
地域の周辺相場や物件の将来価値を詳細に調査することが大切です。

具体的には市況分析、不動産会社の信頼性、交通の利便性、地域の将来性など、多角的に情報を集める必要があります。
これにより、不動産投資の成功率を高めることができます。

リサーチを怠ると、予期せぬリスクが発生する可能性が高まるため、念入りな調査が求められます。

ポイント3.失敗事例などから不動産投資に関する情報を念入りに収集する

成功体験だけでなく、失敗事例にも目を通すことは不動産投資で成功するための重要な手段です。
不動産投資の典型的な失敗パターンを把握することで、投資リスクを最小限に抑えることができます。

ネットや書籍、セミナーなども利用して、過去の事例を徹底的に調査することが求められます。特に、どのような状況で失敗が起こるのかを学び、それを回避するための戦略を考えることが重要です。

ポイント4.さまざまなリスクが発生しやすいことを念頭に置く

不動産投資にはさまざまなリスクが存在します。
具体的には自然災害による損失、空室リスク、賃借人の家賃未払い、物件の老朽化などがあります。

これらのリスクを事前に把握し、適切な対策を講じることが成功の鍵です。

例えば、自然災害対策としては保険への加入が有効です。また、空室リスクを軽減するためには立地条件の見極めや魅力的なリフォームも重要になります。

リスクを管理し冷静に対応することが不動産投資の成功に不可欠です。

ポイント5.投資物件選びは慎重に行う

不動産投資における物件選びは、その成功・失敗を決定づける重要なステップです。
そのため、物件の状態や立地条件だけでなく、地域の将来性や住民の動向を確認することが不可欠です。

賃貸需要が高いエリアを選ぶことで安定した収益を期待できますので、複数の候補物件を詳細に比較し投資物件としての適性を見極めましょう

成功への道を“確実”にするためには、慎重なリサーチと適切な判断が欠かせません。これらの視点から物件を選定することが、不動産投資の成功への鍵となります。

ポイント6.資産管理は税金や管理費など細かく把握した上で定期的に計算する

資産管理は不動産投資成功の鍵です。
特に、税金や管理費、修繕費用などのコストを正確に把握し、定期的に収支計算を行うことが重要です。

不動産投資のリスクを最小限に抑えるためには、これらの費用を予測し、予算内での運用を心掛けましょう。また、専門の税理士や管理会社の活用も有効です。

専門家の知識と経験を利用することで、複雑な税務処理や管理業務を効率的に行え、より精度の高い資産管理が可能になります。これにより、不動産投資の成功率を高め、長期的な利益を確保することが期待できるのです。

\初心者でも成功者になるための3つのポイント/【初心者必見!】不動産投資で成功者になるためには3つのポイントがある!

7月2日(火) 17時~18時
ボタン(詳しい内容&申し込みはこちら)

7月5日(金) 10時~11時
ボタン(詳しい内容&申し込みはこちら)

不動産投資の成功事例3つ

不動産投資に興味はあるものの、そのリスクや成功方法に不安を抱えている人には成功事例の分析が有益です。
不動産投資の具体的なイメージを掴むためには、成功事例を理解することが重要になります。

ここでは成功事例3つを紹介していきます。

事例1.サラリーマンの副業代わり
事例2.不動産投資は何かあった時の生命保険代わり
事例3.家族に残せる資産

成功事例には多くの学ぶべき要点が含まれており、それらを把握することで不動産投資のリスクを軽減し、成功への道を切り開くことができますよ。

成功事例1.サラリーマンの副業代わり

多くのサラリーマンにとって、不動産投資は副収入を得る手段として魅力的です。成功するためには、以下のポイントが重要になります。

■情報収集と勉強

不動産市場や投資の基本的な知識、リスク管理に関する情報を十分に学びましょう。専門書の読破も有効ですが、セミナーへ参加する方がリアルな情報も聞けるためおすすめです。

不動産投資に関する信頼性の高い情報を常に更新することで、リスク管理能力が向上し、成功の可能性が高まります。

■信頼できる業者との連携

初心者にとって信頼できる不動産業者や金融機関との連携は不可欠です。プロの意見を取り入れることで低リスクでの運用が可能になるため、不動産業者や金融機関との信頼関係を築くことが成功の鍵となります。

■小さな物件から始める

最初は小規模な物件で始めることで、管理や運営の経験を積みましょう。

大きなリスクを負うことなく不動産投資の基本を学ぶことができますし、小さな物件での成功体験が自信と次のステップへの橋渡しとなります。

不動産投資にはリスクが伴いますが、適切な情報収集、信頼できる業者との連携、小規模物件からのスタートといった戦略を取ることで、成功の可能性が大いに高まります。

成功事例2.不動産投資は何かあった時の生命保険代わり

あるサラリーマンの事例では、不動産投資が生命保険の代わりとなり大きな成功を収めました。

30代前半に区分マンションを購入。
最初は副収入を得るためだけの投資でしたが、団体信用生命保険に加入し万が一のリスクに備えました。この保険により、投資物件が生命保険の役割を果たし、家族にさらなる経済的安心をもたらしました。

成功の要因としてはリスク管理が挙げられます。
不測の事態にも家族が経済的に困らないように保険を活用したのです。また、短期的な利益ではなく安定した賃貸需要がある物件を選び長期的な収益性を重視したことで、家族の安心と共に収益も安定しました。

このように、不動産投資はリスク管理をしっかり行えば、生命保険の代わりとなり得るのです。

成功事例3.家族に残せる資産

50代の自営業者が、老後の不安と家族への資産継承を考慮しアパート経営に取り組みました。
彼は持てる資金を活用し、収益性の高い地域のアパートを購入。

その結果、安定した家賃収入を獲得し続け物件の価値も上昇。最終的に、この不動産は家族に引き継がれ、経済的な安心感を提供できたのです。

この成功要因としては以下の3点が挙げられます。

1)立地選定
⇒需要の高い地域や将来的に価値が上がる地域を選定。

2)適切なメンテナンス
⇒物件の維持管理を徹底して行い、価値の減少を防止。

3)長期視点での計画
⇒減価償却や税金対策を含めた長期的な投資計画を策定。

不動産投資に不安を抱えている人は、これらのポイントを踏まえることで“成功する”可能性を高めることができるでしょう。

不動産投資の失敗事例

医師の働き方改革をわかりやすく解説

不動産投資は、ハイリターンを期待できる反面、さまざまなリスクを伴う投資方法です。

例えば、立地選定の失敗による賃貸需要の低下や、物件管理が行き届かないことによる資産価値の減少はよくある失敗例です。
不動産投資に向いていない人の特徴としては、リサーチや分析を怠る、資金計画を立てずに借り入れを増やす、市場動向に疎い人が挙げられます。

成功のためには、事前のリサーチと市場分析、適切な物件選定、プロフェッショナルな管理が必須です。
具体的な成功事例として、地域需要を深く理解し、低コストでリノベーションした物件を高値で売却したケースがあります。

以上のような具体例を通じて、リスクを最小限に抑え、成功へと導くための知識を深めましょう。

失敗事例1.安易に物件を決めてしまった

不動産投資初心者が陥りやすい失敗の一つに、安易に物件を決めてしまったという事例があります。

例えば、初めての不動産投資で、駅から遠く、周辺インフラが整っていない物件を購入。
物件の価格が安かったために決断したものの、入居者が見つからず、毎月のローン返済が重荷となり、最終的には売却を余儀なくされました

この失敗事例から学べる重要なポイントは、物件選びは価格のみで決めず、慎重に判断することです。立地条件や賃貸需要、将来の資産価値などを総合的に評価する必要があります。
また、プロの意見を取り入れることもリスクを軽減する上で不可欠ですので、不動産エージェントや投資専門家への相談は成功への第一歩となります。

失敗事例2.リスク対策を何も考えていなかった

2つ目の事例は、友人の勧めで区分マンションを購入したものの、リスク対策を全く考えていなかったことです。

結果として、物件の経年劣化による修繕費用が発生した際に予備費を確保しておらず、多額の修繕費用に困りました
さらに、家賃収入が途絶えた場合の対策も取っていなかったため、ローン返済が困難になり、最終的には物件を手放さざるを得なくなってしまったのです。

この事例から学ぶべきことは、不動産投資には必ずリスクが伴うため、事前のリスク対策が重要であることです。不動産投資におけるリスクを軽減するためには、修繕費や空室リスクに対する予備費を確保することが必要です。

また、適切な保険に加入することでリスクをさらに分散できますので、複数の収入源を持つことで一つの物件が問題となった場合のリスクも分散されるでしょう。

▼これから不動産投資を始める方にピッタリなセミナーを開催中!セミナーバナー(SP版)

月々1万円でローリスク&ロングリターンな資産運用

不動産投資に興味はあるものの、リスクや成功方法に不安を抱えている人たちは少なくありません。
しかし、ローリスクで長期的なリターンを目指すには、的確な戦略と知識が重要です。

例えば、月々1万円の少額投資から始める方法があります。
この取り組み方法は、経済的に無理なくスタートでき、リスク管理がしやすいため、初心者にも適しています。

また、物件選びや市場動向の調査を怠らず、継続的な資産運用を目指すことが成功の鍵となります。
具体的な事例や成功・失敗のポイントを押さえることで、不動産投資におけるリスクを最小限に抑え、長期的に安定したリターンを得ることが可能です。

まとめ

不動産投資の成功を目指すためには、リスクや成功のポイントを理解することが重要です。

特に、リスクを適切に管理することは、失敗を防ぐ基本です。不動産投資に向かない人の特徴として、資金管理が苦手、長期的視点を持てない、高リスクを許容できないことが挙げられます。

一方、成功するためのポイントは、詳細な市場調査、資金計画の策定、専門家のアドバイスを受けることです。具体的な成功事例として、適切な物件選びと市場のタイミングを測った投資家はハイリターンを得ています。

失敗事例は市場調査不足や資金計画の甘さから始まることが多いです。
今回ご紹介した内容を踏まえ、不動産投資のリスクを理解し、成功を目指すための具体策を講じることができれば、投資の成功に一歩近づけるでしょう。

あなたにオススメの記事