トップ > コラム > コインランドリー投資とは?他にもあるいろいろな投資商品

コインランドリー投資とは?他にもあるいろいろな投資商品

2021/03/26
お金・資産形成
プロフィールのアイコン画像

株式会社リヴトラスト

不動産投資コラム

コインランドリー投資とは?他にもあるいろいろな投資商品

働き方改革や在宅でのリモートワークが定着してきたことにより、「時間を有効に使って収入を増やしたい」、「将来の資産形成のために今から何か始めたい」という理由から投資に興味を持つサラリーマンの方が増えてきました。
「投資」と一口にいっても、世の中には様々な投資商品があります。その中でも最近注目されているのが、コインランドリー投資です。
今回は、コインランドリー投資とはどのような投資商品なのかについて解説していきます。

コインランドリー投資の魅力

コインランドリー投資とは、コインランドリーのオーナーになることでその利回りを得る投資方法のことを言います。ここ数年でコインランドリーの店舗数は急激に伸びてきており、年間で300店舗以上のペースで増加し続けています。それだけ需要が高まってきているということで、コインランドリー投資に参入してくる個人投資家や企業が後を絶ちません。
それでは、コインランドリー投資の魅力とはどのような点があるのかいくつか上げてみましょう。

まず一つは、利回りが高いことです。
例えば、マンションなどの不動産へ投資した場合、利回りは平均して5%前後と言われていますが、コインランドリー投資の場合は利回り20%程度を見込める可能性があります。さらに、マンションの場合は空室がある場合、利回りが下がってしまいますが、コインランドリーには空室というリスクは存在しません。その分、洗濯機や乾燥機の稼働率がリスクになってきますが、十分に利益を出している店舗の稼働率は12%~16%程度です。立地条件さえ間違わなければ無理な数字ではありません。

その他にも、人件費が抑えられるという点も魅力的です。
通常、物販店舗ではスタッフによる接客が必須ですが、コインランドリーでは基本的には無人で経営が可能です。集金や清掃や、備品の補充などは必要ですが、個人で管理してしまえば人を雇う必要はないため、人件費を掛けずに経営することが可能です。

もう一つは、節税効果が高いことが挙げられます。
通常は高額な資産を購入した場合は数年に分けて減価償却しますが、コインランドリー投資の場合は、中小企業投資促進税制という制度を利用することで、投資金額の70%程を即時償却できます。年間所得が1,000万円を超えるような人の場合、1店舗1,500万円程のコインランドリー投資をすることで、その節税効果は絶大なものになります。

コインランドリー投資のリスク

マンション投資と比べてメリットが多いように感じますが、実は気をつけなければならない点もいくつかあります。

それは、成功するには「立地が全て」ということです。
逆に言うと、立地を間違うと立て直しは非常に難しくなります。
コインランドリーは、基本的に「洗濯をする」場所であり、その点において他のライバル店と差別化が難しい業態です。となると、いかに人が集まる場所に店舗を置くかというのが何より大事になってきます。立地を間違うと「まったく人がこない」というリスクをはらんでいるので、投資前に綿密な調査が必要です。

次に、天候による赤字リスクにも注意が必要です。
天気の日は家庭で大量に洗濯しても干すことができるので、雨の日と比較して極端に人の数が減ります。晴天続きの場合は利益が落ちてしまうことを肝に銘じておく必要があります。

その他には、メリットとして挙げた「無人経営」についても状況によりリスクとなり得ます。
無人ゆえに、洗濯物の放置や備品の破損などのトラブル、または売り上げの盗難など防犯面でのリスクも無視できません。24時間経営の場合などは特に、セコムを設置するなどして防犯対策する必要があります。

その他人気のある投資商品

コインランドリー投資の他にもサラリーマンでも始められる投資が数多くあります。
一般的なものでは、株やFX、投資信託などで金融商品による投資、似たようなもので、国債、社債、ETF、J-REITE、CFD、仮想通貨などもあります。これらは、始めるための敷居も低く少額から始めることが可能ですが、元本を失うリスクは他の投資商品より高めのものもあるため、注意が必要です。

さらに、コインランドリー投資と同様に土地を使った投資では、コインパーキング投資もあります。利回りは平均で4%程度と言われていますが、すでに所有している土地を使えるのであれば利回り50%を超えることも少なくありません。1から始める場合は収益性が高いとは言えませんが、既に土地を持っている人にとってはメリットの多い投資となります。

その他にも、ポイントを活用したポイント投資や、買い物のおつりを投資していくおつり投資というサービスや、ソーシャルレンディングという、投資したい人とお金を借りたい企業をマッチングするサービスなど、様々な投資サービスが出てきています。
それぞれメリット・デメリットがあるので、利回りだけで判断せず、よく調べた上で自分にあった投資商品を選ぶようにしましょう。

おわりに

今回は、コインランドリー投資についてと、その他さまざまな投資商品についてその一部を紹介いたしました。
物価がなかなか上がらない時代が長く続きましたが、これから先も続くとは限りません。物価上昇時においては、お金は置いておくだけでは価値が下がる一方です。今のうちに投資に慣れておき、これからくる時代のためにお金にお金を稼いでもらうことを学んでおくことで、将来の資産形成にもきっと役に立つことでしょう。

あなたにオススメの記事

物件一覧セミナーメルマガ登録