トップ > 動画コラム > 【話題】たばこ税値上げで五十嵐君が涙、涙!?

【話題】たばこ税値上げで五十嵐君が涙、涙!?

2020/10/07
【不動産の基本講座】教えて!中山ティーチャー

皆さんは月々、何にお金を支払うことが多いですか?
今回は愛煙家も多いたばこについて元教師が徹底解説する動画の内容を、コラム形式で分かりやすくまとめました。たばこの話から最後はお金の使い方について考えさせられる内容です。ぜひ参考にしてみてください。

(0:55)
制限が厳しくなってきたたばこ
近年、たばこは価格の値上げや、喫煙場所の制限も増え、年々その制限は厳しくなっています。2020年10月より約50円の値上げをしていますが、この値上げは、今まで1箱500円だった場合、550円になる換算です。割合で換算すると約10%値上げしていることになります。もし消費税が突然10%上がったら世間を驚かせる事態となることでしょう。それほどたばこの値上げは大きな値上げであることを意味しています。
そもそも、たばこは「タバコ」という植物を乾燥し中に詰めた嗜好品です。それだけ聞くともっと安くてもいいのではと思う方も多いでしょう。なぜたばこは高いのでしょうか?
(3:28)
たばこが高い理由:ほとんどが〇〇
その理由はたばこの価格のほとんどが税金のためです。実は、たばこは価格の約63%が税金であると言われています。例えば、たばこが1箱500円の場合、315円が税金です。この税金の割合が高い理由は、消費税だけではなく他の税金もかけられているためです。

たばこにかけられている税金の種類

たばこ税・地方たばこ税・たばこ特別税・消費税

たばこのように複数の税金がかけられている商品は他にもあります。それはビール・ウィスキー・ガソリン等です。たばこを含めたこれらの物品は「担税物品」と言われています。

(5:13)
嗜好品に対しての税率が高い
ビールやタバコを吸う人は裕福な人のイメージが元々ありました。なくても生活ができる嗜好品でもあるため、日本では生活用品に税金をかけずに嗜好品への税負担をかけていく方針をとっています。その嗜好品のことを担税物品と言います。担税物品にかけられる税金は、間接税に含まれます。

税金の種類

直接税 

税を負担する人が国や地方公共団体に直接支払う税金のことを言います。所得税や地方税、不動産でいうと固定資産税などが当たります。

間接税 

税を負担する人と実際に国や地方公共団体にお金を収める人が異なる税金のことを言います。消費税や担税物品にかかる税金が含まれます。

たばこやビールなどのお酒類は値上がりしても需要が高く購入される傾向にあります。そのため値上がりが続いていると言えます。また需要が高い結果、国内の約1.5%である約2兆円がたばこの税金として収められています。

 

今回はたばこの価格が高い理由について紹介しました。毎日1箱500円のたばこを購入する人が30日間買うと毎月15,000円かかる計算になります。15,000円でできることは多岐に渡ります。例えば弊社のサイトでご紹介している不動産投資でお金をかけることも1つの選択肢です。不動産投資は投資することで様々なメリットを得ることができます。嗜好品にお金をかけることも大切ですが、人生100年時代と言われている今、何にお金をかけるべきか考えるきっかけになりますと幸いです。

弊社が運営している不動産コミュニティサイト「LIV PLUS」では、不動産投資に関する資料を提供しております。ぜひお気軽にお申し込みください。
>お問い合わせはこちら

LIV PLUSでは不動産投資に関するコラムを随時アップしています。不動産投資を検討する際にご参考いただけますと幸いです。
>『LIV PLUS』で不動産投資コラムをチェックする

関連動画コラム

動画バックナンバー