トップ > 動画コラム > 【熱血営業マン座談会】老後の不安は不動産投資で一挙解決! ~後編~

【熱血営業マン座談会】老後の不安は不動産投資で一挙解決! ~後編~

2021/02/12
熱血!営業マン座談会

不動産投資について調べると様々なメリットを見かけますが、普段から不動産投資物件を販売している営業マンから見ると特にお勧めしたいメリットは何でしょうか?

今回、中山ティーチャー・木戸さん・れむちゃん・島田さんの4名が「不動産投資のココがすごい!」というテーマで、熱く語る座談会形式の動画をコラムでお届けします。

このコラムは座談会の後編です。前編から見たい方は下記のコラムからチェックしてみてください。

>『営業マンが語る!「不動産投資のココがすごい!」とは?|熱血営業マン座談会~前編~』

(1:14)
すごいポイント③年金対策
島田さんが思う「不動産投資のココがすごい!」は、年金対策です。将来、年金の受給額が減ることが想定される中で、年金以外の収入を得る手段として不動産投資が注目されています。
老後豊かに暮らすためには毎月必要な収入は約38万円必要と言われており、そのうちの年金受給額は約23万円と言われています。その差を埋めるために退職後・老後に身を削って働くことは体力的にも厳しいことが考えられます。今から不動産投資を行うことで、不労所得で8〜10万円の収入を得ることができれば、その分セカンドライフを充実することができると島田さんは言います。
(3:10)
不動産投資は「めんどくさい人」におすすめ!?
退職後や老後資産形成につながる何かをしなければならないと理解しつつも、今から先の老後について考えたり、対策する時間をとることは難しいことも考えられると、中山ティーチャーは言います。
では、不動産投資は働いているサラリーマン世代や時間のない方にとって、手間がかかって大変な投資になるのでしょうか?実はそんなことはないと言います。不動産投資は本業の給与と別に資産形成ができるため、預貯金のない方にも人気があります。実は不動産投資を行う方は逆にめんどくさがりなタイプも多いと言います。
不動産投資は物件の管理を管理会社に依頼することもでき、年に1回の確定申告をすれば他は何もしなくていいケースすらあることから、サラリーマンをしながら運用できる点がメリットです。その他にもこの座談会でお話した内容含め様々なメリットがあり、不動産投資を通じて本業以外で収入を得ることは、人生の選択肢が広がることも考えられます。
(7:23)
不動産投資は毎月安定的な収入を見込むことができる
木戸さんは不動産投資は再現性の高い投資であると言います。ここで定義する再現性は不労収入を何回も得ることができる、という意味です。たとえば、株は安く購入し、高く売却することでその差額が利益になります。これは市場や相場読み、そのときどきに下す判断によって実現する、一回きりのものです。一方、不動産投資は売却することで大きなお金も手に入れることもできますが、家賃収入で毎月安定した収入を得ることができる点がポイントです。特に人生100年時代と言われている中で毎月安定した収入を得られる不動産投資はメリットが多いと言えるでしょう。

今回の座談会はいかがでしたでしょうか?不動産投資について詳しく知りたい方は、中山ティーチャーのセミナーにて聞くことができます。気になる方はぜひ参加してみてください。

>中山ティーチャーの『【元教師が教える!】失敗例から学ぶ初心者のための資産形成術セミナー』に参加する

関連動画コラム

動画バックナンバー