トップ > 動画コラム > 不動産投資のイメージを変える座談会|熱血営業マン座談会~前編~

不動産投資のイメージを変える座談会|熱血営業マン座談会~前編~

2022/05/06
熱血!営業マン座談会

普段から不動産投資の営業をしているリヴトラストの営業マンも、かつては不動産投資を知らない時代がありました。中山ティーチャー・日高さん・ゆめちゃん・げんちゃんの4名が座談会を実施!「不動産投資を知る前の自分」と「不動産投資を営業している自分」で不動産投資に対してどのように印象が変わったか、語り合いました。

このコラムでは、座談会の前編の様子をお伝えします。まずはそれぞれが不動産投資に持っていたイメージを聞かせてもらいました。

「不動産投資は難しそう」というイメージが覆る内容です。これから不動産投資を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

(1:42)
ゆめちゃん:手間がかかると思っていた不動産投資
不動産投資を知る前は「自分でマンションの管理をする」、「家賃の取り立てをする」など、手間がかかる印象があったというゆめちゃん。しかし入社してから印象が変わったと話します。
マンションの管理は管理会社に依頼をすることで、お部屋やマンションの管理業務を一任することができます。「サラリーマン大家さん」という言葉もあるように、管理会社に任せることで、手間をかけずに行えるのも不動産投資の特徴です。
この点に関しては、「昔の大家さん」のイメージを抱いている方が多いのではないかという話が、営業マンたちの話題にもあがっていました。
(3:40)
げんちゃん:不動産投資は自分には縁遠い
げんちゃんは「働かずして家賃収入を得る不動産投資は、僕には縁遠い内容だと思っていた」と話します。不動産投資は「大金持ちがすること」とか「詐欺」のイメージがあったようです。
しかし、不動産投資を知ってからは、家賃収入だけではなく、様々なメリットがあることを知り、それが不動産投資の良さであると語りました。例えば、保険効果・節税対策・不動産物件を売却することで得られる利益がメリットに含まれます。
不動産投資は、平均的な年収とされる500万円台から始めている方もいらっしゃるため、大金持ちの方以外の幅広い方が取り組むことができる投資であると言えます。
(5:43)
日高さん:不動産投資は幅広い世代の方が行う投資
最後に話した日高さんもげんちゃん同様、お金持ちが不動産投資を行うイメージが強かったと話します。しかし不動産投資の営業をはじめると、様々な年代の人がそれぞれ目的を持って行なっていることが分かったとのこと。例えば、日高さんが担当しているお客様の中には、25歳で「色々なことをしたい」という目的から不動産投資を始めて、現在は海外で生活している方もいらっしゃるそうです。その他にも、不動産投資をはじめて10年の間に9件もの不動産を購入されている方もいると語ってくれました。
このように、様々な背景のお客様に出会って商品の提案ができる点は、不動産投資営業ならではと言えます。

リヴトラスト営業マンの座談会前編いかがでしたか?不動産投資はお金持ち以外の方も取り組むことができる投資であることをこの動画で知っていただけたかと思います。

25歳から50歳まで幅広い世代で行なっている
年収は500万円台から始めている方も多い

座談会は後半もございます!気になる方は併せてぜひご覧ください。

『知る前と知った後?不動産投資に対するイメージは?|熱血営業マン座談会~後編~』

関連動画コラム

動画バックナンバー