トップ > 動画コラム > 地震への備え出来ていますか?「耐震構造の違い」

地震への備え出来ていますか?「耐震構造の違い」

2020/06/02
【不動産の基本講座】教えて!中山ティーチャー

こんにちは、中山ティーチャーです。

今日は、第6弾「知っておきたい耐震構造の違い」です。

首都直下型地震や南海トラフ巨大地震のような大規模な地震が、いつ発生してもおかしくないと言われています。
不動産を持つうえで、地震は必ず考えなくてはいけない災害ですよね。

そこで今回は、地震への備え、”耐震性”ついて勉強していきたいと思います。

耐震・制震・免震

画像:homes.co.jp
①耐震 「揺れに”耐える”」
    建築物には耐震設計を施すよう義務付けられている。
    「耐震基準法」は昭和46年、昭和56年、平成12年に改訂されており、年々年々耐震基準が上がっている。
    今一度自分の住んでいる家はいつ作ったものなのか? 今の耐震基準をクリア出来ているのか? 
    新たな基準で都度確認することが大切。

②制震 「揺れを”制する”=伝えない」
    地震の揺れで圧が掛かる壁・屋根・柱・梁・床に制御装置(ダンパー)を設置し地震の揺れを吸収する。
    2階以上の建物の揺れを20%~50%軽減できるため、家具の転倒などによる二次被害が起こりづらくなる。

③免震  「揺れを”免れる”=逃がす」
    地面と建物の間に装置を付けて、揺れを70%~80%軽減。転んでけがをしたりするような二次被害が少ない。
    制震に比べると免震はコストが高くなる。どんなサイズの建物にも使える有効な手段だが、地下室は作れない。

どれを選べば安心?

家を購入・リフォームするときの予算・家の損傷の程度・住人の揺れの感じ方など、ご自身のニーズと予算を考えて選ぶと良いでしょう。

どれか一つだけ、ではなく「耐震・制震・免震」それぞれの良いところを自分の家に合わせて組み込むことは可能ですので、
しっかりとサポートしてもらえるような業者を見つけて自分の大切な家を造っていきましょう!

関連動画コラム

動画バックナンバー