トップ > 業界ニュース > ウッドショックが中古不動産の価格に与える影響は?不動産売却のタイミングを検証 | 不動産投資コラム | 不動産投資情報サイト HEDGE GUIDE

ウッドショックが中古不動産の価格に与える影響は?不動産売却のタイミングを検証 | 不動産投資コラム | 不動産投資情報サイト HEDGE GUIDE

2022/08/04

出典:ウッドショックが中古不動産の価格に与える影響は?不動産売却のタイミングを検証 | 不動産投資コラム | 不動産投資情報サイト HEDGE GUIDE | HEDGE GUIDE

要点

  • ウッドショックが新築住宅などの不動産価格に与えているということを聞いて、所有不動産の売却タイミングを探っている方も多い
  • 中古不動産の価格は必ずしもウッドショックの影響を受けるとは言えず、売却する際には慎重に検討した方がよい場合もある

コメント

匿名ユーザー
ウッドショックとは、よく聞いていましたが、この記事を見ると木材価格がかなり高騰しているのがわかりますね。だからこそ、新築住宅の価格が上がり、中古住宅に需要が流れているのでしょう。しかも、中古住宅の人気が上がり、中古住宅までも驚くほどの価格にまで上がっているんですね。となると、中古住宅を手放そうと思っている人たちは、「今だ」と思ってしまうでしょうが、全てが「今」がいいに当てはまるわけではなさそう。信頼できる不動産会社に依頼して売却を進めていった方が良さそうですね。
匿名ユーザー
中古住宅の人気が上昇している理由のひとつに、ウッドショックがあるということですね。木材価格が上昇し、新築住宅の価格が上がる。そして、新築住宅の購入を諦めた人や、急いで住宅を手にしたい人が中古住宅に流れている。だからこそ、中古住宅の価格も上がってしまっているんですね。今では中古住宅も新築なのでは?と思ってしまいそうになるほど、価格が上がっている印象があります。この流れで、住宅売却を急いでしようと思っている人も増えていそうですが、流れに乗るだけでなく、きちんと勉強することも必要でしょう。
コメントを書く
詳細はこちら

出典:ウッドショックが中古不動産の価格に与える影響は?不動産売却のタイミングを検証 | 不動産投資コラム | 不動産投資情報サイト HEDGE GUIDE | HEDGE GUIDE

あなたにオススメの記事