トップ > 業界ニュース > 住宅販売にメタバース

住宅販売にメタバース

2022/08/01

出典:住宅販売にメタバース | 日本経済新聞

要点

  • 住友不動産で、仮想空間「メタバース」で新築分譲マンションの販売を開始
  • メタバースでは、ネット空間のアバターが仮想の展示を通じて商品の売買ができる
  • 国内の物件で80うち、20物件程度をメタバースにて販売する

インターネットユーザーの声

「住友不動産がメタバース上で新築分譲マンションの販売を開始。 VRで内見するサービスもあったぐらいなので、Web3と不動産関連の親和性は高いのでは。 」といった反応、感想が上がっている。

コメント

匿名ユーザー
ついにメタバースがここまで身近なところにやってきたのだなと実感しています。実際に分身を使って自由に内見ができること、細かな部分も確認できるのがメタバースの魅力だと思います。すべての部屋を現地に行かなくても確認できるとなれば、わざわざ物件に足を運ぶ必要もなくなります。本格的に不動産の内見に対しての考え方が変わるのではないかなと楽しみにしています。
匿名ユーザー
新築分譲マンションをメタバースを使ってネット経由でオンライン契約に結びつける新しい取り組みですね。住友不動産のような大手でブランド力もある会社ならではだなと感じます。メタバースを使って投資用物件をより身近に探すこともできます。今は限られた物件だけですが、相談や注文住宅の販売にも視野が広がれば、可能性もより広がっていくのではないかなと楽しみにしています。
コメントを書く
詳細はこちら

出典:住宅販売にメタバース | 日本経済新聞

あなたにオススメの記事