トップ > 業界ニュース > 新築戸建て、プロはここを見る 周辺環境や災害リスク…

新築戸建て、プロはここを見る 周辺環境や災害リスク…

2022/07/31

出典:新築戸建て、プロはここを見る 周辺環境や災害リスク… | 日本経済新聞

要点

  • 新築戸建ては、専門家視点で見ると周辺の環境や近所の雰囲気を重視するべき。
  • 資産計画や災害リスク、駅との距離、周辺データの順番で続く。
  • マンションに比べ、穏やかだが戸建ても値上がりしている。供給企業も多く規模も様々なので選択肢も多く迷う人も多い

インターネットユーザーの声

「初めて不動産購入される方はすごくわかりやすい記事かも。 「大手寡占が進んだマンションに比べると、戸建ては供給企業が多く、規模も様々」は本当に思う。 うまく出会えれば掘出し物も戸建にはあるかも。」といった反応、感想が上がっている。

コメント

匿名ユーザー
コロナをきっかけに住まいを見直した人も、かなりの割合でいると思います。以前は通勤のしやすさを重視する傾向にあったので、職場までの距離や時間などを優先していましたが、今は自宅に仕事ができるスペースを求めるなど、広々とした環境を求める人が増えています。戸建ては、周辺の環境や雰囲気によっても住みやすさが変わります。マンションよりも個人のコミュニティだからこそ、変えようのない部分こそ、慎重に判断して購入を決めるべきです。住みやすさなども大きく影響してくると思います。
匿名ユーザー
新築戸建ての住居を選ぶとき、正直何を優先するべきなのか迷子になっている人も多い。供給企業の多さもあり、大手から個人なども含めとにかく幅が広い。予算にもよりますが、新築だけに限らず中古や賃貸なども幅広く視野を広げながら考えたほうがいいかも。迷うことは大切なことですし、購入してから失敗した…なんてことは避けたいものですね。
コメントを書く
詳細はこちら

出典:新築戸建て、プロはここを見る 周辺環境や災害リスク… | 日本経済新聞

あなたにオススメの記事