トップ > 業界ニュース > 死者想定 最大19.9万人 日本海溝・千島海溝地震

死者想定 最大19.9万人 日本海溝・千島海溝地震

2021/12/22

死者想定 最大19.9万人 日本海溝・千島海溝地震

内閣府の有識者検討会は21日、東北から北海道沖の日本海溝・千島海溝を震源域とするマグニチュード(M)9クラスの地震の被害想定を公表した。死者は最大19万9000人、経済被害は31兆円に上る。南海トラフ地震、首都直下地震とともに日本が直面する巨大地震の被害想定が示されたことで、今後は迅速で実効性のある減災対策が改めて求められる。(関連記事を社会2面に)政府推計によると死者

出典:死者想定 最大19.9万人 日本海溝・千島海溝地震 | 日本経済新聞

詳細はこちら

記事の要点

  • 千島海溝地震は東北から北海道沖を震源にした地震。マグニチュード9クラスの地震の被害想定を公表した
  • 死者は19万9000人になり、経済被害は31兆円にもなる。最大になるのは冬の深夜で、住民が避難しなかったケース
  • ほとんどが津波で亡くなり、低体温症の危険も。

インターネットユーザーの声

「大地震のうち、発生確率と被害想定の両方を踏まえると、やはり「南海トラフ」が最も深刻なリスクのように思えますーー」といった反応、感想が上がっている。

記事へのコメント

匿名ユーザー
千島海溝地震について、はじめて耳にしました。東日本大震災と同じような被害の出方になるのでしょうか。不動産を所有するにしても、海沿いや山沿いなどはやっぱり大きなリスクがあるなと感じます。自然災害の力に人間は勝てないからこそ、土地名などを見て本当に安全かどうか判断するべき。海沿いの地域に住んでいる人は、より対策が必要になるのではないでしょうか。
匿名ユーザー
今回は千島海溝地震ですが、南海トラフなど東側にはさまざまなリスクがある。地震に備えた家造りとは言っても周囲の環境もありますし、必ず助かるとも言えない。地震や水害などの被害が毎年のように出ているからこそ、家を購入するときは保険に加入しない選択はありません。とはいえ、首都圏はマンションの価格も高いので、選択できないケースもあります。家選びって難しいですね。
あなたにオススメの記事
物件一覧セミナーメルマガ登録