トップ > 業界ニュース > 不動産賃貸事業は「不労所得」にあらず 戦術が重要に

不動産賃貸事業は「不労所得」にあらず 戦術が重要に

2021/11/22

不動産賃貸事業は「不労所得」にあらず 戦術が重要に

最近、「FIRE(Financial Independence, Retire Early)」という言葉がはやっています。資産を早めに築いて仕事を辞めるという生活スタイルを意味し、こうした目的を達成するために、比較的手軽で簡単な投資対象として賃貸用のワンルームマンションなどが推奨されているようです。投資用ワンルームマンションなどでは、「不動産賃料収入が借り入れを返済

出典:不動産賃貸事業は「不労所得」にあらず 戦術が重要に | 日本経済新聞

詳細はこちら

記事の要点

  • 不動産賃貸事業は、貸し手市場だったときは好条件だったものの競争が激化。空室入居のために、大家さんが広告料や賃料の1.2ヶ月分を負担、敷金は1ヶ月が当たり前に。
  • 不動産賃貸事業は、不労所得とはいえず、競争優位をいかに作り出すかが重要。地域の人口が増えるか減るか、世帯の変化を調査。賃料推移や賃料下落率、賃貸面積別の需給状況なども事前に調べておく
  • 保有するだけが選択肢ではなく、売却市場も確認。不動産賃貸事業は経営と考え、着手すること

インターネットユーザーの声

「貸家の供給が増えたことによって競争が激しくなり、今は借り手市場に変わっています。 (中略)現在の不動産賃貸事業は「不労所得」を得られるものとは言えず、競争優位をいかに作り出すかが問われる事業になっているのです。」といった反応、感想が上がっている。

記事へのコメント

匿名ユーザー
首都圏を中心に賃貸の空き家が増えている時代、不労所得など美味しい話ばかりではありません。不動産を所有するにしても、いろいろなリスクもあります。よっぽど好条件でも無い限り、待っていて空室が埋まるなんてことはありません。敷金礼金を2:2にしていたら借り手なんて見つかりにくい時代だからこそ、本気で不動産投資を考えたら下調べや知識をつけてあげることも大切です。
匿名ユーザー
賃貸事業で成功するためには、やっぱり物件選びが重要。駅チカ、都市部など条件が良ければ借り手なんてすぐに見つかります。それでも敷金礼金が各1ずつが限界かな。いかに空き家の期間を短くして次の借り手を見つけられるかどうかにかかっています。どこの不動産会社が管理しているのかにもよりますよね。稼ぐだけの目的ではおすすめしません。
あなたにオススメの記事
物件一覧セミナーメルマガ登録