トップ > 業界ニュース > 中国住宅価格、52都市下落 不動産税導入方針が影響

中国住宅価格、52都市下落 不動産税導入方針が影響

2021/11/25

中国住宅価格、52都市下落 不動産税導入方針が影響

中国国家統計局が15日発表した10月の新築住宅価格指数は、主要70都市のうち52都市で前月と比べ下落した。下落都市は前月から16都市拡大。中国政府による住宅価格…

出典:中国住宅価格、52都市下落 不動産税導入方針が影響 | 産経ニュース

詳細はこちら

記事の要点

  • 10月の新築住宅価格指数は、主要70都市のうち52都市で前月と比べ下落した
  • 下落都市は前月から16都市拡大
  • 中国政府による住宅価格の抑制政策に加え、不動産税の試験導入の方針が発表されたことが価格低下に拍車を掛けたとみられる

記事へのコメント

匿名ユーザー
中国の住宅価格、かなり落ちてきていますね。中国政府による住宅価格の抑制政策もそうですが、不動産税の導入がかなり大きく影響していそうですよね。固定資産税があるのとないのとで考えてみると、大きい意味を持つことは理解できます。年間でかなりの費用がかかることになりますし、不動産の購入を検討していた人でも、躊躇してしまうはず。とはいえ、不動産税の試験導入とのことなので、本決まりではないということ?どうなるのか、注目を集めそうですね。
匿名ユーザー
中国の不動産業界の不景気さがここのところずっとニュースになっていましたが、不動産価格もどんどん下がっているようですね。不動産業界倒産している会社も多いようなので、どうなってしまうのか心配。とはいえ、中国政府が住宅価格の抑制に力を入れているようですし……。こうなるのは、わかっていたことなのかもしれませんね。不動産税を導入するのは、一般人からしても大きなこと。不動産を購入する人がどんどん減っていきそう。
あなたにオススメの記事
物件一覧セミナーメルマガ登録