トップ > 業界ニュース > JTB、本社ビル売却 経営改善へ300億円

JTB、本社ビル売却 経営改善へ300億円

2021/11/15

JTB、本社ビル売却 経営改善へ300億円

JTBが東京都内の本社ビルなど保有するビル2棟を売却していたことが分かった。売却額は全体で300億円程度とみられる。新型コロナウイルスによる旅行需要の低迷が長引くなか、社員の大規模リストラなど経営再建を進めている。資産売却で手持ちの資金の確保を急ぐ。JTBは2001年1月から東京・天王洲に本社を構える。大阪市中央区のビルも含めた2棟のビル売却による資金は手元の資金確保や成長投資に充てる。外資系

出典:JTB、本社ビル売却 経営改善へ300億円 | 日本経済新聞

詳細はこちら

記事の要点

  • JTBが東京都内の本社ビルなど、保有するビル2棟を売却していた。全体で300億円程度になり、資産売却で手持ちの資金確保を急ぐ
  • 外資系ファンドに売却したと見られる。コロナの影響でJTBの業績は悪化し21年3月は過去最大の1051億円の赤字だった。
  • 25%にあたる社員を減らし、国内外の店舗の削減も行う。資本金を23億円から1億円に減らし中小企業レベルに。財政面での立て直しを行う

インターネットユーザーの声

「【JTB本社ビル売却】一般的にJTBの落日と評されるけど。 ボク知ってる、天王洲の物件だって。 因縁の旧Citiビルの近くだって。 Marketが傾いたらまた不動産ファンドマンやレンダーの吉本新喜劇が開催される予定だって。 なんせ前回は新喜劇に出」といった反応、感想が上がっている。

記事へのコメント

匿名ユーザー
JTBがコロナの影響もあり過去最大の赤字を記録か~。確かに旅行業界にとって厳しい2年になったと思います。本社ビルを売却していることもびっくりだけど、社員25%カットもすごいな。なんとか資金を増やして今を乗り切らないと、中小企業レベルになっても維持するのは難しい。資産価値の高い不動産を所有していると、こうした赤字のときも強いですね。
匿名ユーザー
東京と大阪の本社ビルを売却して300億円!手元に資金が必要なJTBにとっても苦渋の決断になったのではないでしょうか。それだけ赤字が増えていたってこと。旅行業界は盛り返してきているけど、もう一度コロナが流行ることがあれば、今度こそはどうにもならない企業や業種はたくさんありそう。本社などの不動産売却で済まない話になってしまいますね。
あなたにオススメの記事
物件一覧セミナーメルマガ登録