トップ > 業界ニュース > 一部住宅で工事再開=「引き渡しに全力」―中国恒大|ニフティニュース

一部住宅で工事再開=「引き渡しに全力」―中国恒大|ニフティニュース

2021/10/25

一部住宅で工事再開=「引き渡しに全力」―中国恒大|ニフティニュース

【北京時事】経営危機に陥っている中国不動産開発大手・中国恒大集団は24日、広東省内の6都市で進めている10件以上の住宅プロジェクトについて、中断していた工事を再開したと明らかにした。住宅の完成と購入…

出典:一部住宅で工事再開=「引き渡しに全力」―中国恒大|ニフティニュース | ニフティニュース

詳細はこちら

記事の要点

  • 経営危機に陥っている、中国不動産大手の中国恒大集団。24日に6都市で進めている10件以上の住宅プロジェクトの工事を再開
  • 住宅の完成と、購入者への引き渡しを求める政府の要求を「全力で実行する」と強調。
  • 資金繰りの難から、多くの工事が停止状態。工事再開の好評は購入者の不安や不満を和らげる狙いがあると見られる

インターネットユーザーの声

「中国恒大一部で工事を再開」といった反応、感想が上がっている。

記事へのコメント

匿名ユーザー
中国恒大集団の問題も、一まずは安心ってわけではないですよね。とりあえずは完成させて引き渡して、あとから欠陥住宅だった…なんてことにならないか心配です。どこから費用を捻出しているのか、そもそもあれだけ膨大な損失が出ていれば、取り戻すことは難しい。このまま緩やかな破綻に向かってしまうことがないか、中国の動きに注視したほうが良さそう。日本も少なからず影響を受けるかもしれませんね。
匿名ユーザー
工事を再開したから安心とは限りません。中国恒大集団に対しての信頼感もない今、完成して引き渡しがあっても、所有したいかどうかはまた別の話です。これで資金繰りの問題が解消されるとは限りませんし、逆に増やす結果になってしまいそうです。全力で実行する方向が間違えているような気がして…。根本的な解決にはなっていませんね。
あなたにオススメの記事
物件一覧セミナーメルマガ登録