トップ > 業界ニュース > 戸建て住宅の修繕 「25年後」への備えを

戸建て住宅の修繕 「25年後」への備えを

2021/10/22

出典:戸建て住宅の修繕 「25年後」への備えを | 日本経済新聞

要点

  • 戸建てを購入したら、早めに修繕費を準備する計画を立て積立を始めること。15年を過ぎた辺りから消耗や劣化による不具合が発生する
  • 最も早いのが、シロアリ駆除のための修繕、キッチンの修繕経験者も多く複数回の修繕になることもある
  • 修繕費のピークは子供の大学時代と重なることも多い。普段からの定期的な点検で高額な修繕費の負担を軽減することにも繋がる

インターネットユーザーの声

「「共働きです。 庭付きの戸建て住宅を購入しますが、今まではマンション暮らしだったため、修繕など維持管理のための費用の見当がつきません」。 40代女性の悩みにファイナンシャルプランナーが答えます。」といった反応、感想が上がっている。

コメント

匿名ユーザー
私も、長年マンション住まいです。戸建てに憧れることはありますが、自分で管理や修繕をしないといけない負担が、共働きには厳しいなと思います。購入はできてもそのあとの修繕費など払い続けられるか、まとまったお金が用意できるのかも含め、しっかりとした計画が必要。子供の大学費用って想像以上にかかりますし、奨学金頼りにする人もいるけど危険。しっかりとした住居計画を。
匿名ユーザー
庭付き戸建てといっても、昔のような大きなお庭ではなく、ちょっとした駐車スペース付きも増えましたね。何十万などのまとまったお金が必要になるのは、長く住んでいればしかたないこと。定期点検をしっかりと行えば、大きな故障やトラブルに巻き込まれることも少なくなると思います。マンションと同額程度の修繕費を積み立てておけると安心ですね。
コメントを書く
詳細はこちら

出典:戸建て住宅の修繕 「25年後」への備えを | 日本経済新聞

あなたにオススメの記事