トップ > 業界ニュース > 野村不動産、仲介に電子契約 全店舗で導入へ

野村不動産、仲介に電子契約 全店舗で導入へ

2021/09/30
2021/09/30

出典:野村不動産、仲介に電子契約 全店舗で導入へ | 日本経済新聞

要点

  • 野村不動産は11月上旬から一部の不動産仲介店舗で売買契約の手続きを電子化する
  • 契約業務の効率化や書類の保管業務の削減につなげる
  • 2022年春までに全国90店以上ある全ての仲介店舗への導入を目指す

インターネットユーザーの声

「短い期間であったが不動産取引とは何かを叩き込んでくれた野村不動産。 電子契約化はエンドユーザーの体験向上に繫がる。 共に不動産取引をなめらかにしていきたい。 :」といった反応、感想が上がっている。

コメント

匿名ユーザー
不動産を購入する側からしても、契約書の電子化は嬉しいはず。不動産手続きに紙ばかりもらっても、保管に困る場合もあります。しかも、購入した側でも困るほどなのに、不動産会社からしたらかなりの紙書類を保管しているということですよね。その場所も必要なくなるわけですし、電子化はメリットが多いのではないでしょうか。保管の手間も省けるし、今まで何故電子化にしてなかったのか、逆に不思議ですね。
匿名ユーザー
不動産業界の電子化がかなり進んできた印象を持ちます。逆に言うと、不動産業界のIT化がかなり遅れていたともいえるでしょう。仕事の効率化も図れるわけなので、契約書の電子化だけでなく、さまざまなサービスをIT化できるといいですよね。でも、契約書を電子化するだけでも、かなりの効率に繋がるのではと個人的には思うので、早く全国にこのシステムが広がるといいなと思っています!人でしかできない業務にもっと力を入れられるようになれば、より不動産業界賑わっていきそうですね。
コメントを書く
詳細はこちら

出典:野村不動産、仲介に電子契約 全店舗で導入へ | 日本経済新聞

あなたにオススメの記事