トップ > 業界ニュース > 湯沢の新築3000万円物件が「ほぼゼロ円」の現実 | 不動産

湯沢の新築3000万円物件が「ほぼゼロ円」の現実 | 不動産

2021/09/26

湯沢の新築3000万円物件が「ほぼゼロ円」の現実 | 不動産

ホイチョイ・プロダクション原作の映画『私をスキーに連れてって』が公開されたのは、1987年の11月。世の中は、あの平成大バブルの絶頂に向かって盛り上がっていた。また、スキーブームにも沸いていた。東京に住む…

出典:湯沢の新築3000万円物件が「ほぼゼロ円」の現実 | 不動産 | 東洋経済オンライン

詳細はこちら

記事の要点

  • バブル期は、東京の郊外マンションと同水準だった新潟県湯沢町のリゾートマンション。今やその勢いはなく、ほぼゼロといっても過言でない
  • H不動産はそのデータを一切公開しておらず、メディアの取材もNG。老朽化はしているものの設備は立派で展望大浴場もついている。今や高齢者のためのデイサービスになっている
  • 3年分の経費を支払い、区分所有権をもらうビジネスも登場。有料粗大ごみ的な扱いになり、悪徳業者も増えている

インターネットユーザーの声

「湯沢の新築3000万円物件が「ほぼゼロ円」の現実凋落する「バブル時代のリゾートマンション」|」、「湯沢はバブルそのものの風景が残ってるので、もう少し寝かせておけば、文化的な魅力が出てきそう。 湯沢の新築3000万円物件が「ほぼゼロ円」の現実凋落する「バブル時代のリゾートマンション」」、「湯沢の新築3000万円物件が「ほぼゼロ円」の現実凋落する「バブル時代のリゾートマンション」」、「イソ弁時代にたーくさんやりました、この手の案件。 法的にはもっと入り組んでいますのよ。 湯沢の新築3000万円物件が「ほぼゼロ円」の現実凋落する「バブル時代のリゾートマンション」」、「不動産は捨てる事も、一部だけ利確とかできないので、状況が変わった時に、辛い所はありますね。」、「湯沢の新築3000万円物件が「ほぼゼロ円」の現実凋落する「バブル時代のリゾートマンション」」、「湯沢の新築3000万円物件が「ほぼゼロ円」の現実凋落する「バブル時代のリゾートマンション」|不動産-#@Toyokeizaiさんから」、「湯沢の新築3000万円物件が「ほぼゼロ円」の現実凋落する「バブル時代のリゾートマンション」」、「2拠点先にも検討できないですね。 これでは湯沢の新築3000万円物件が「ほぼゼロ円」の現実凋落する「バブル時代のリゾートマンション」」、「GW初日に越後湯沢行ったけど、人居ないnへぎ蕎麦老舗しんばしは混んでたn駅前の町営温泉は貸切状態、ニューオータニもガラガラ。湯沢の新築3000万円物件が「ほぼゼロ円」の現実凋落する「バブル時代のリゾートマンション」」、「湯沢の新築3000万円物件が「ほぼゼロ円」の現実凋落する「バブル時代のリゾートマンション」」、「湯沢の新築3000万円物件が「ほぼゼロ円」の現実凋落する「バブル時代のリゾートマンション」|不動産-」、「こえーしかも文章の〆が「この逆境をどう乗り越えるか」型で草w>湯沢の新築3000万円物件が「ほぼゼロ円」の現実凋落する「バブル時代のリゾートマンション」|」、「湯沢の新築3000万円物件が「ほぼゼロ円」の現実凋落する「バブル時代のリゾートマンション。小さい頃、湯沢に遊びに行くと、長岡にはないような高層建築物がなぜこんな田舎にたくさんあるのかと疑問に思ったものだ」、「湯沢の新築3000万円物件が「ほぼゼロ円」の現実凋落する「バブル時代のリゾートマンション」」、「『私をスキーに連れてって』いい時代でした(´ω`)。 おそらくタダでも捌けないでしょうね。 湯沢の新築3000万円物件が「ほぼゼロ円」の現実凋落する「バブル時代のリゾートマンション」」、「湯沢の新築3000万円物件が「ほぼゼロ円」の現実凋落する「バブル時代のリゾートマンション」」、「ちなみに、新潟に行く時に新幹線乗ると、「なんでこんなところで止まるねん」っていう駅もセットでその辺はたくさんあるから、本当にすごい時代だったんだなぁ…と思う。」、「手を出したら最期、毎月3~4万円。年間で36~48万円、赤字を垂れ流す負債。温泉付きとあるがほぼ「循環かけ流し」で、泉質良いとは言えない。湯沢の新築3000万円物件が「ほぼゼロ円」の現実。凋落する「バブル時代のリゾートマンション」」といった反応、感想が上がっている。

記事へのコメント

匿名ユーザー
リゾートマンションとして人気だった新潟県の湯沢町。今ではほとんどが高齢者になり、観光地としても人気が落ちています。そもそもどうして湯沢町なんだろう?と当時は思っていましたし、日本酒、スキー、温泉しかなく、30年経った今では、私が知っている湯沢町ではないのだなと残念です。時代によって左右される場所に資産を持つのは、リスクになりますね。
匿名ユーザー
新築で3000万円の物件が、今ではゼロ円も同然になるとは…。あれだけ一斉を風靡した観光地でも、難しいものなのですね。高齢者ばかりの土地では昔の勢いは難しいでしょう。むしろ維持するのも難しい。バブル期の建物や開発は、今となっては負の遺産になってしまっているものも多い。安易に物件を購入するものではないなと改めて思いました。
あなたにオススメの記事
物件一覧セミナーメルマガ登録