トップ > 業界ニュース > 倉敷駅前に新街区誕生 オープンスペース使い回遊性

倉敷駅前に新街区誕生 オープンスペース使い回遊性

2021/09/15

倉敷駅前に新街区誕生 オープンスペース使い回遊性

岡山県倉敷市のJR倉敷駅前の再開発として約30年前から計画されてきた新街区整備が完成し、10月10日に開業する。約1.7ヘクタールの敷地にホテルやマンション、飲食店などが入居する。文化施設が集まる「美観地区」と倉敷駅の中間で、周辺住民や観光客を呼び込もうと工夫を凝らす。入居企業などがまちづくり協議会を結成、回遊性を高める取り組みを進める。新街区はJR倉敷駅の南約300メートルの阿知3丁目に位置

出典:倉敷駅前に新街区誕生 オープンスペース使い回遊性 | 日本経済新聞

詳細はこちら

記事の要点

  • 岡山県にある倉敷駅前の再開発の新街区が完成。10月10日に開業になり、敷地内にはホテルやマンション、飲食店などが入居。美観地区と倉敷駅のちょうど中間にある。
  • 南区の区間は東西に貫く市道が分断しており、用途変更して公共空地に組み込んだ。
  • 駅前は商業や飲食街として賑わったものの、路地が狭く木造住宅の老朽化などで再開発が浮上した。旧藤岡邱や旧中国銀行出張所などの改修工事が進む。

インターネットユーザーの声

「JR倉敷駅前の新街区「あちてらす倉敷」が10月に開業します。 美観地区などとの回遊性を意識し、オープンスペースの捻出に腐心。 集客スポットを目指します。」といった反応、感想が上がっている。

記事へのコメント

匿名ユーザー
倉敷には何度か足を運んだことがありますが、昔ながらの美観地区がそのまま残りとても風情のある素敵な場所です。倉敷駅前は何もない場所だと思っていましたが、新街区ができて一気にイメージが変わりそう。住みやすくなれば周辺の物件の価格も高騰するのかな?歴史を感じられる貴重な場所だからこそ、大切にしていきたいものだなと感じます。
匿名ユーザー
倉敷駅前の新開発が進みますね!美観地区にある旧藤岡邱も、ぜひ行ってみたい!駅前のホテルや飲食店など、倉敷の良さが伝わるようなお店ももっと増えてほしいな。コロナが落ち着いたら、観光業も一気に盛り上がりを見せるはずです。倉敷の将来性にかけて、不動産を所有してみるのもおもしろいかもしれませんね。
あなたにオススメの記事
物件一覧セミナーメルマガ登録