トップ > 業界ニュース > 「2025年問題」で地方の不動産価値が下落するリスク 資産運用にも注意を|ニフティニュース

「2025年問題」で地方の不動産価値が下落するリスク 資産運用にも注意を|ニフティニュース

2021/09/14

「2025年問題」で地方の不動産価値が下落するリスク 資産運用にも注意を|ニフティニュース

2025年問題が直前に迫った。つまり、800万人を超える団塊の世代が75歳の後期高齢者になるのだ。少子高齢化と人口減少が進む中、団塊の世代が所有する戸建住宅や分譲マンション、別荘などの不動産財産の相…

出典:「2025年問題」で地方の不動産価値が下落するリスク 資産運用にも注意を|ニフティニュース | ニフティニュース

詳細はこちら

記事の要点

  • 団塊の世代が所有する戸建住宅や分譲マンション、別荘などの不動産財産の相続ラッシュが始まる
  • 空き家の売却件数が増加する公算が高い
  • 新築による住宅供給量は減少する気配がない
  • 売却したいと考える不動産は、2025年問題が顕著化する前に売却する選択肢を意識しておくべき

記事へのコメント

匿名ユーザー
確かに、現在は自らマイホームを手に入れる時代。実家を相続するよりも、自分で好みの家を購入する人が多いはず。となると、不動産の売却件数はかなり増えていくことが予想できますね。自分が住む予定がない不動産、立地に問題がある不動産は、すぐにでも売却を進めてもいいのかも。損は少ない方がいいですし、固定資産税などの税金を払い続けるのも大変ですし。今人が住んでいて後々空き家になる予定の不動産が厄介かもですが。
匿名ユーザー
少子化というのは、こういった不動産にも影響を出していくんですね。実家を相続して住み続けようとする人は少なくなっていると思いますし、かなりの数の不動産売却が進みそう。中古物件も人気がある今、手放したほうがいい場合も多そう。とはいえ、こういった問題に直面する人たちが持つ不動産は、価値が低い可能性も高そうなので、売却を進めていくのも大変そうですよね。とはいえ、2025年問題に直面して損するよりは、すぐに手放せる不動産は売却しちゃった方がいいのかも。
あなたにオススメの記事
物件一覧セミナーメルマガ登録