トップ > 業界ニュース > 不動産規制強化は国民の不満に対処する決意表明 | ブルームバーグ

不動産規制強化は国民の不満に対処する決意表明 | ブルームバーグ

2021/07/30
2021/07/30

出典:不動産規制強化は国民の不満に対処する決意表明 | ブルームバーグ | 東洋経済オンライン

要点

  • 中国政府が、不動産相場の抑制策を実施。深刻化する社会格差の拡大や教育産業などビジネスの助長もあり、不動産対策重視は締め付けの表れでもある
  • 中国の不動産セクターは、不満を生み出しやすい最大の温床になり、社会不安や相場抑制にならないように躍起。国民の不安を和らげる意図がある
  • 現在進んでいる一連の住宅価格抑制は、従来とは異なると見て解除することはないとの見通しをしている

インターネットユーザーの声

「【不動産規制強化は国民の不満に対処する決意表明】住宅は住むため、投機のためではないと党首脳」といった反応、感想が上がっている。

コメント

匿名ユーザー
中国国民にとっては、締めつけ感が強ければ強いほど反発する力が強くなるものです。不動産価格が上がっているとはいえ、住宅としての利用以外認めない、投機は禁止と国が決めてしまうのですから、日本とは全く考え方が違いますね。教育と不動産は全く違うものなので、同じように締め付ければいいとは思えません。
匿名ユーザー
中国の施策は、極端なケースが多いので逆効果ではないかと思ってしまいます。国民にとっても不満が余計に爆発するだけなのでは?社会不安に対する根本的な解決にもなってないと思うのですが…。不動産規制も解除するつもりがないようですし、住宅価格の上昇が本当に改善されるのか、注目します。
コメントを書く
詳細はこちら

出典:不動産規制強化は国民の不満に対処する決意表明 | ブルームバーグ | 東洋経済オンライン

あなたにオススメの記事