トップ > 業界ニュース > 京葉銀行、住宅ローンを40年に延長 若年層も組みやすく

京葉銀行、住宅ローンを40年に延長 若年層も組みやすく

2021/07/22

京葉銀行、住宅ローンを40年に延長 若年層も組みやすく

京葉銀行は住宅ローンの融資期間を最長40年に延長する。従来は最長35年だった。融資期間が延びることで総返済額は増えるが、毎月の返済額を抑えることができ、若年層でもローンを組みやすい環境を整えた。9月15日以降に実行する融資が対象で、8月1日から受け付けを始める。融資期間は1年単位で設定でき、金額は100万円以上1億円以下。借

出典:京葉銀行、住宅ローンを40年に延長 若年層も組みやすく | 日本経済新聞

詳細はこちら

記事の要点

  • 京葉銀行、住宅ローンを40年に延長
  • 9月15日以降に実行する融資が対象
  • 8月1日から受け付けを始める

記事へのコメント

匿名ユーザー
住宅ローンが40年まで延長となれば、毎月の返済額を抑えることができるので、若い世代には魅力に感じるかもしれませんね。完済時の年齢が80歳未満……この頃まで若い時と同じ返済ができるのかは謎ですが、団信に入ることで保険の期間を伸ばしていると捉えれば、アリなのかもと個人的には思います。住宅ローンの期間を35年から40年に延長する銀行はこれから先、もっと増えていきそうですよね。
匿名ユーザー
住宅ローンが40年まで延ばせるとはいえ、完済時の年齢を考えるとおそろしいかも……と思ってしまいます。20代から40代、50代では問題なく返済できる金額だとしても、70代で返済するのはちょっとしんどそうですよね。とはいえ、団信に加入するでしょうし、そもそも完済するというよりは、先に亡くなってローンの返済が終わるという人が増えていきそうですよね。そう考えると、若い頃の返済金額が少なくなることに、魅力を感じる30代は多いかもしれませんね。
あなたにオススメの記事
物件一覧セミナーメルマガ登録