トップ > 業界ニュース > 新築マンションが価格「急騰」押し上げたのは誰? | ウチコミ!タイムズ

新築マンションが価格「急騰」押し上げたのは誰? | ウチコミ!タイムズ

2021/07/11
2021/07/11

出典:新築マンションが価格「急騰」押し上げたのは誰? | ウチコミ!タイムズ | 東洋経済オンライン

要点

  • 東京23区で4月に販売された新築マンションは平均1億180万円を突破。高価格成長に貢献したのが、メジャーセブンの存在
  • メジャーセブンの追い風になったのは日銀の金利政策。長期金利の指標になる重役ローンの金利は大きく下がり、年1%割れも珍しくない。
  • 株高による資産効果で、金融資産を増やした富裕層の投資が積極的になっている。メジャーセブンは主要都市の再開発に関われるかどうかが鍵

インターネットユーザーの声

「@HUBLOT0419n明らかにマンション価格を押し上げたのは大佐のWCT投稿だとおもいます! 4月の平均価格は前年から43%増え、1億円突破|ウチコミ! タイムズ-#@Toyokeizaiより」といった反応、感想が上がっている。

コメント

匿名ユーザー
新築マンションの価格をあげている、メジャーセブンの存在。やっぱり大手ならではの安心感もありますし、マンションを買うなら・・・とブランド力を気にするのも納得。実際に投資用マンションで考えても、ブランドがあったほうが値崩れしづらいのもある。東京23区の新築マンションはどんどん手が出なくなりますね(苦笑)
匿名ユーザー
平均1億180万円の東京23区の物件を購入できる、富裕層はすごいな。どれだけの年収があれば購入できるのか・・・。35年のローンを組んで購入する人もいるし、金利が安いことに越したことはないけど、変動金利にしている人は気を付けないと、上がったときのリスクが大きい。固定金利のデメリットもあるので、なんとも言えないけど。
コメントを書く
詳細はこちら

出典:新築マンションが価格「急騰」押し上げたのは誰? | ウチコミ!タイムズ | 東洋経済オンライン

あなたにオススメの記事