トップ > 業界ニュース > アパホテル社長「不動産は買いたいときに買ってはいけない」

アパホテル社長「不動産は買いたいときに買ってはいけない」

2021/07/26

アパホテル社長「不動産は買いたいときに買ってはいけない」

ビジネスマンの心と財布をつかみ絶好調のアパホテル。「昨年の年収は5億5000万円」と語る元谷芙美子社長の不動産にまつわる金銭感覚とは。

出典:アパホテル社長「不動産は買いたいときに買ってはいけない」 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

詳細はこちら

記事の要点

  • アパホテルの年収は5億5000万円。異常とも言える超低金利時代なのもあり、投資は今がチャンス。これから上がろうとしている。不動産はタイミングを買うもの
  • アパホテルは慎重に判断し、撤退する勇気もある。撤退には莫大なお金が必要で一番難しい。世界と日本では不動産の評価方法が異なり、撤退。今が保有する不動産評価は1兆円近くになる
  • 金利水準に着目し、東京は世界に比べて割安。都心部の超一等地は間違いない。今までキャッシュで購入してきた

インターネットユーザーの声

「あとでゆっくり読もう。」、「✅今が投資のチャンス✅不動産はタイミング✅素人の方は結婚や退職時など必要なときに買いますが、タイミングを買うのです❗️いる時に買うのではなく、安い時に買うごもっとも…こういう時に手持ち現金があるのがプロなのだろう。一方日々半額弁当のサトウは魔法のcar.」、「土地の成約状況を見てると、少しずつ地元民が検討出来る金額に下がってきてるのは確実。 県外資本が手を出さないからか、市場原理が働いて坪単価に少し変化が出てきてる「不動産は買いたいときに買ってはいけない」アパホテル社長」といった反応、感想が上がっている。

記事へのコメント

匿名ユーザー
アパホテルの社長について、今まで何も知らなかったけど今回の記事でいかに賢い人なのかがわかりました。本当にそう、不動産はなんといってもタイミングが重要。そこの見極めがいかに迅速にできるかどうかが、投資で成功する人と失敗する人も違いなのだと思っています。撤退も潔いのでとても勉強になります。
匿名ユーザー
あれだけの店舗数を持って、不動産を所有している人。他にもさまざまな分野に投資できる、先読み力のある女性なのでしょう。上に立つ人が経営力に長けていると、社員も安心できますね。ローンよりもキャッシュで購入しているのに、あれだけの店舗数に増えているのは本当にすごいこと。
あなたにオススメの記事
物件一覧セミナーメルマガ登録