トップ > 業界ニュース > 大和と積水、住宅値上げ 「ウッドショック」日本に余波

大和と積水、住宅値上げ 「ウッドショック」日本に余波

2021/06/22

大和と積水、住宅値上げ 「ウッドショック」日本に余波

世界的な品不足を受けた木材価格の高騰「ウッドショック」が国内の住宅業界で続いている。大和ハウス工業などは木造住宅の値上げに踏み切った。木材不足から、2021年4~9月の戸建て着工数は数万戸減る可能性もある。震源地の米国の木材相場は落ち着きつつあるが、なお高水準だ。値上げや着工遅れで住宅市場が冷え込めば、消費の回復の足かせとなる。大和ハウスは6月から戸建て住宅の一部について、建築費用の見積もりに

出典:大和と積水、住宅値上げ 「ウッドショック」日本に余波 | 日本経済新聞

詳細はこちら

記事の要点

  • 震源地の米国の木材相場は落ち着きつつあるが、なお高水準
  • 2021年4~9月の戸建て着工数は数万戸減る可能性もある
  • 大和ハウスは6月から建築費用の見積もりに木材価格の上昇分を上乗せ

インターネットユーザーの声

「新築マイホームがもっと高くなる😨大手が値上げをすると、中小も続いて値上げに踏み切るんだろうな、、この状況を逆手にとる「急かし営業」増えそう😭」といった反応、感想が上がっている。

記事へのコメント

匿名ユーザー
新築戸建て住宅の価格がさらに上がるとあると、どれほどな価格になるのか、不安ですね。少し前までに購入していた人は、ギリギリセーフとして喜べそうなニュースですが、今購入を検討している方は、購入時期を遅らせるか悩ましいですね。どのくらい価格が上がるのかにもよりますが、ウッドショックの影響が落ち着く見込みが出るまで待った方がいいのか……。ただでさえ高額な買い物をするわけなので、不安は少なくしておきたいはずなのに、今はちょっと待った方がいいのかなと判断しちゃいそうですね。
匿名ユーザー
新築戸建て住宅よりも、マンションの方が人気があるイメージがあるので、新築戸建て住宅の価格が上がるとなると、よりマンションを選ぶ人が増えそうな気がします。マンションだと管理費や修繕積立費がかかることもあり、月に支払う額が増えるため、新築戸建ての方が手が出しやすいなと思っていました。しかし、新築戸建ての価格がどんどん上がるのであれば、マンションの方がいいと判断する人も増えそう……。どのくらいの期間、どのくらいの価格が上がるのか、はっきりわければいいですけれど。
あなたにオススメの記事
物件一覧セミナーメルマガ登録