トップ > 業界ニュース > 仮想通貨が急落、韓国の若者直撃 借金投資で含み損も

仮想通貨が急落、韓国の若者直撃 借金投資で含み損も

2021/05/30

仮想通貨が急落、韓国の若者直撃 借金投資で含み損も

ビットコインに代表される暗号資産(仮想通貨)の価格急落が韓国の若者を直撃している。少額から始められる手軽さから大学生の4人に1人が投資するほど過熱しているが、突然の急落で含み損を抱えた人が出ている。借金して投資している若者も多く、相場が回復しないと破産者が続出しかねない。「何も考えられない。やりきれない思いです」――。アルバイトでためた100万ウォン(約10万円)を仮想

出典:仮想通貨が急落、韓国の若者直撃 借金投資で含み損も | 日本経済新聞

詳細はこちら

記事の要点

  • 4割急落にぼうぜん自失
  • 階層抜け出す「最後の機会」
  • 金融委員長に辞任要求

インターネットユーザーの声

「人生逆転の数少ない手段が仮想通貨や株式への投資になっている。」といった反応、感想が上がっている。

記事へのコメント

匿名ユーザー
日本では3〜4年前の仮想通貨バブルで多くの若者が気軽に手を出して痛い目を見ていたからか、その時から比べても比較的大人しい投資熱になっている気がする。メディアでの取り扱いもそこまで多くない印象。
匿名ユーザー
価値が落ちたとはいえ、前回の暗号資産バブルがはじけた2018年からすると、ビットコイン自体は当時の法定通貨換算で最大値の2倍以上の評価があります。
それだけでも投資商品としての価値は魅力的に映りますが、依然として価格の上昇と下落の差が激しく、手軽に手を出しやすい現状もあり、投資家保護の整備自体は進めるべきでしょうね。
あなたにオススメの記事
物件一覧セミナーメルマガ登録