トップ > 業界ニュース > 住まいを買うとかかる費用は 税・手数料・雑費も大きい

住まいを買うとかかる費用は 税・手数料・雑費も大きい

2021/05/27

住まいを買うとかかる費用は 税・手数料・雑費も大きい

住まいの購入にあたっては、住まいそのものの売買代金以外にも様々な費用がかかります。どの程度かかるのかをきちんと想定した上で購入予算を検討しないと、結果的に無理な借り入れにつながることもあります。今回は、東京都内の某所に中古の戸建て住宅を購入する事例から住まいの取得費用がどの程度かかるかみていきましょう。次の表は、この事例において買い主が不動産売買契約時、住宅

出典:住まいを買うとかかる費用は 税・手数料・雑費も大きい | 日本経済新聞

詳細はこちら

記事の要点

  • 住まいそのものの売買代金以外にも様々な費用がかかる
  • 住まいを購入する際にかかる費用は売買代金の7%強
  • 引っ越し費用やハウスクリーニング費用も必要

インターネットユーザーの声

「不動産屋、ボランティアじゃないからね。」といった反応、感想が上がっている。

記事へのコメント

匿名ユーザー
家を購入するイコール家と土地の費用のみを想像しがちですが、意外と多くの費用がかかりますね。しかも、どの費用も金額が大きいので、家はローンを組むとしても、多少なりとも現金も持っておかなくてはいけないことが分かります。地域によっては土地の費用が上がっているので、家を購入するのは思っている以上に大変かもしれませんね……。すぐに家が買える、100万円あれば、などという言葉だけを信じるのは危険なので、注意しなければいけないでしょう。
匿名ユーザー
家を購入するには、多くの費用がかかることが分かります。さらに、家を購入した後にも、引っ越し費用や家具や家電の買い替え費用など、多くの出費が予想できます。固定資産税なども考えると、月々のローンの支払いだけを見るのではなく、初期費用や税金など、トータルのお金の流れもしっかり把握してから、住まいを購入したいところですね。とはいえ、高額な買い物なので、いろいろな支払いもマヒしてきそうですが……。そこが恐いところですね。
あなたにオススメの記事
物件一覧セミナーメルマガ登録