トップ > コラム > お客様に納得して投資を始めて頂くために、こだわるのは「伝え方」

お客様に納得して投資を始めて頂くために、こだわるのは「伝え方」

2021/10/07
社員紹介

RM事業部 世良田

社会人として自力で上を目指したい

15年野球一筋で、もともとはプロ野球選手を目指していました。
プロ入りした大学の同期が二人いるんですが、その二人に負けない仕事がしたいと常々考えていました。自分の力で上を目指せる、そんな仕事を探すうちに不動産営業にたどり着きました。
リヴトラストのSNSに投稿されていた新入社員懇親会の様子を見て、アグレッシブで自分と似たような人が多そうだと思い、すぐに入社しようと決めました。

ある程度やっていけるだろう、と自信はありました。しかしいざ入社して仕事をし始めると、自分は社会人として何も出来ないんだ、ということに気づいてしまったんです。学生生活とのギャップをすごく感じてしまって、そのギャップが埋められず入社してから3か月くらいはずっと苦しかったです。それでもこの仕事で食べていかなきゃ、と腹をくくってから、研修明けに1件売れた時は本当にうれしかったですね。

まずは”自分売り”

紹介営業を通じて色々なお客様にお会いしますが、すでにご自身で資産形成に取り組んでいる方や情報収集されている方は多いですね。中には不動産投資について知識がある方もいらっしゃいます。なので、アポイントのお電話の際はあまり商品の話はせず、まず自分はどういう営業マンか知ってもらえるようにしています。そして実際にお会いしたら商品の説明をさせて頂いただき、ワンストップでご提供できる安心感やリスクヘッジ・アフターフォローといったリヴトラストの強みをお伝えしたうえで、納得して投資を始められるよう伝え方には気を付けています。

お客様の今と将来に必ず役に立つということと、貯金する感覚で毎月1~2万円で運用していくと後々の資産にできたり、生命保険としても使えるということ、この2つは必ずお伝えするようにしています。でもそれは実際にお会いしてからの話で、アポイントの段階では、この人だったら話聞いてもいいかな、と思っていただけるよう、まずは自分がどういう営業マンなのかを伝えるようにしています。そしてお会いすることになったら商品の説明をします。
実際に説明を聞いていただくと、いい商品ならみんなやりたくなりますよね。商品の良さを伝えたら、あとは自分から買っていただけるか、そこからが営業担当者としての腕の見せ所だと思っています。

安心・信頼される営業担当者として—

仕事をするうえで常に思っているのは、出会ったお客様の役に立ちたい、幸せにしたい、ということです。

紹介営業をメインに動いているので、仕事を通じて様々な業界・職種の方と出会うことができ、自分の世界観は一気に広がりました。たくさんのお客様に会う機会があるからこそ、出会ったお客様一人一人に良い時間を過ごしていただきたいですし、自分はそのお客様の役に立つ人間になりたいと思います。
決して安い商品ではないので、「今後家を買うかも」「ローンを組むかも」とか、お客様の将来のライフプランを一緒に考えさせてもらって、「この人なら信頼できる」と安心してお任せいただける、そんな営業担当者になりたいですね。

あなたにオススメの記事

物件一覧セミナーメルマガ登録