トップ > 動画コラム > 新型コロナウイルスが与える不動産投資への影響とは?

新型コロナウイルスが与える不動産投資への影響とは?

2020/03/24
【不動産の基本講座】教えて!中山ティーチャー

こんにちは!株式会社リヴトラストの石井です。

「新型コロナウイルスが不動産投資に与える影響とは?」

いま世界でも非常に話題になっている新型コロナウイルス。こちらの影響を受けて日経平均が異常に下がったり、世界の株価が悪化する傾向にあります。
この動画を見ていただいている皆様の中には、株式投資・FXなど投資をされている方いらっしゃると思います。
もしかしたら損益が出たり、ここ数日間で資産を失った方も・・・。
そこで今回は、不動産投資がコロナウイルスの流行によってどのような影響があったのかお話ししたいと思います。

そもそも、まず不動産投資ってなに?

1Rマンションや一棟もののマンション、その中の一部屋を購入します(区分所有)。そして自分で住むわけではなく、その部屋に住みたいという入居者に貸します。
その家賃収入でその不動産の住宅ローンをご返済していくことで、月々の負担が少なく済む、というわけなんです。
住宅ローン返済後は、家賃がそのまま自分の収入となりますので、将来の資産形成として非常に注目されている商品です。

コロナ禍の不動産投資

結論から言うと、不動産投資業界はコロナウイルスの影響をほとんど受けていないといえます。

前述の通り、部屋をを人に貸してその家賃収入でローン返済をする、という事業スキームとしてはとても簡単な仕組みです。
ですから、物件そのものが無くなったりしない限りは、安定して家賃収入を得ることが出来るのです。

では、なぜ家賃収入には影響がなかったのか?
それは、コロナウイルスがきっかけで引越しをするという方が少なかった=入居者がいなくなることがなかったから、という見方が出来ます。
いくらコロナ禍だからって、住む家が必要ない人ってなかなかいませんよね。生活に必要な「衣・食・住のうちのひとつですから、よほどのことが無い限り、需要が無くなる、なんてことはありません。つまり、空室になって家賃が取れないという状況になりにくいため、世の中の情勢に左右されづらく、コロナ禍であっても損が出にくい仕組みだといえるのではないでしょうか。それが不動産投資の強みだと考えています。

ローンが返せなくなったらどうすればいい?

不動産投資を始める際、「団体信用生命保険」という保険に加入していただいています。
これは、投資者(オーナー様)が病気・けがで働けなくなった、または死亡されてローン返済が困難になった場合、ご家族にローン残額ではなく不動産資産を残せる保険です。

例えばオーナー様がけがで視力を失ってしまったり、がんなどの三大疾病でお亡くなりになった場合、
ご家族が残りのローンを支払わなければいけないのか?と懸念されると思います。
しかし、団体信用生命保険が適用されれば、ローンが実質「0」になり、ご家族に無借金の不動産が残るわけです。
その後は、不動産を売却して売却利益を得るもよし、当然ご家族がそのまま持っていただいて家賃収入を得るもよしです。


景気に左右されずに、しっかりと安定的な資産を作れるのが不動産投資です。この機会にぜひご検討いただければと思います。

関連動画コラム

動画バックナンバー